ヤマハの学校向け「ピアニカ」 30年ぶりにモデルチェンジ

印刷

   ヤマハは2014年7月15日、鍵盤ハーモニカ「ピアニカ」の学校普及モデルを30年ぶりにモデルチェンジすると発表した。

   新モデルは子供が持ちやすいよう本体の丸みを改良したほか、重さも50g軽量化。また、演奏用パイプの長さをクリップに挟んで調整できるようにした。ブルーとピンクの2色があり、小売希望価格は税込みで7128円。10月1日から発売する。

   「ピアニカ」は1961年から製造、販売を開始され、音楽授業の教材楽器として多くの小学校で使われている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中