小僧寿し迷走、メチャクチャすぎ! 社長不祥事に大規模希望退職、はては「経営方針考えて!」と公募

印刷

   持ち帰り寿しでおなじみの「小僧寿し」が2014年8月7日、「希望退職者」と「経営方針に関する意見」の募集を行うと発表した。

   このところ小僧寿しは「巨額の赤字」「事業の迷走」「社長が会社の口座から個人の口座に入金」など、悪い話題ばかりが目立ってしまっている。ここにきて経営陣からの「お手上げ」宣言ともいえる発表があったことで、ネットユーザーらは総ツッコミだ。

17億円超の赤字予想も

小僧寿し公式サイト
小僧寿し公式サイト

   かつては「持ち帰りといえば小僧寿し」といわれるほどの存在で、「小僧~寿っしチェーン♪」という軽快なCMソングでも広く知られていた小僧寿しが「ヤバいのでは?」と話題になったのは、2013年1月までさかのぼる。

   45歳以上の正社員を対象に、12年12月末時点の正社員数の3分の1にあたる60人程度の希望退職者を募ると発表した。「そういえば最近店舗見かけないな」「今は回転寿司が人気だもんなぁ」など、時代の変遷を嘆くような声が上がっていた。

   13年7月には、商品ラインナップのほぼ半数にあたる41品目の価格を「1円」値下げした。回転寿司チェーンなどで値上げが進む中「『安い』『旨い』『ボリュームがある』にこだわっていきたい」という意図だったようだが、「お得感薄いよ」「1円値下げで消費者の気持ちが動くとは到底思えない」と残念ながら不評だった。

   14年2月に発表した13年12月期の連結最終業績予想では、なんと17億2700万円の赤字に。「いよいよ潰れてしまうのか...」と不安が広がった。

「全ての方」に意見求める、匿名も可

   収益拡大に舵を切った小僧寿しが行ったのは、「店舗でピザを販売する」ということだった。

   14年3月、宅配ピザチェーンの「シカゴピザ」と提携し、同社が展開する「シカゴピザ」と宅配どんぶりの「どんぶり名人」の商品を、小僧寿しの店舗で販売すると発表。「嗜好が異なるブランドを併設する事で、同商圏内でこれまでの客層とは異なる顧客の需要を掘り起こす事ができ、売上アップに繋がる」との思惑だったが、「迷走しすぎ」と言われてしまった。

   そして14年6月、大西好祐社長(当時)による「社外への不適切な支出」が明らかになる。2月に「企業への調査費」などの名目で社外の個人に400万円、4月に「人材紹介仲介料」の名目でその個人が経営していた企業に292万円が小僧寿しから支払われたが、いずれも「適正な支払いではなかった」と判断された。

   さらに8月6日には、大西氏が8月1日に東京地裁から債権差押命令を受け、提出書類には自分が無報酬だと記載していたにも関わらず、5月に担当部門を通さず会社の口座から自身の口座に4500万円を振り込んでいたことも発表された。

   こうした「ゴタゴタ」を経て8月7日、「希望退職者募集に関するお知らせ」と「経営方針に関する意見募集について」という開示が出された。

   希望退職の募集人数は30人程度で、13年12月末時点の正社員数の約3分の1にあたる人数だ。

   意見募集は「抜本的な経営改革を行い、早期黒字化を目指し、安定的な収益を計上できるスリムで筋肉質な経営体質に転換するために、社内外から広く意見を募集」というのが目的だそうで、8月7日から31日まで、株主、客、FC加盟店、取引先、従業員など「全ての方」から社長室のメールアドレスあてに意見を送ってほしい、としている。匿名でもいいらしい。ちなみにこの後、「メールアドレスに誤りがあった」との開示も出している。

   この発表に対しネット上では「適時開示を目安箱にすんなwww」「適時開示で『経営方針について誰でも良いから御教示ください!』なんていうの初めて見た」「経営幹部が『もうどうしたらいいかわからん』って言ってるのとそう変わらんやん・・・」など、ツッコミが多数上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中