エボラ死者、1000人超える 西アフリカで感染拡大

印刷

   エボラ出血熱による死者について、世界保健機関(WHO)は2014年8月13日までに、西アフリカの4か国で計1013人になったと発表した。

   国別の死者は、ギニア373人、リベリア323人、シエラレオネ315人、ナイジェリア2人となっている。エボラへの感染者は、計1848人になった。これまでのところ、感染拡大に歯止めがかかっていないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中