代々木公園で採取の蚊から「デング熱のウイルス」検出

印刷

   代々木公園(東京都渋谷区)を訪れた人が次々とデング熱に感染している問題で2014年9月3日、都が代々木公園で採取した蚊から「デング熱のウイルス」が検出された。NHKなどが伝えた。

   都は公園周辺にウイルスを持つ蚊が多く生息していると見て、駆除などの対策を練り直す方針だという。

   朝日新聞の報道によると、都は2日、蚊を捕獲するための仕掛けを公園内の10ヶ所に設置し、3日に回収して都の研究機関でウイルスの保有状況を調べていたという。

   デング熱は蚊が媒介する感染症で、3日までに東京都や大阪府、北海道など11都道府県計48人の感染が確認されている。いずれも海外渡航歴はなく、代々木公園とその周辺を訪れた際に蚊に刺され、感染したとみられる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中