NHK職員ら2人もデング熱感染 隣接の代々木公園で蚊に刺される?

印刷

   デング熱問題で、NHKは2014年9月4日、職員とスタッフの2人から感染者が出たと発表した。

   それによると、2人とも、放送センターに隣接する代々木公園を訪れ、蚊に刺されたとみられるという。これに対し、NHKでは、放送センター内の水たまりを除去したり、NHKホールの来客に虫よけスプレーを貸し出したりしていると説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中