とくダネ!が「声優のアイコ」の「性」を深掘り 上半身裸映像も堂々放送に視聴者「流す必要ある?」

印刷

   「声優のアイコ」事件の初公判が2014年9月10日にあったことを受け、翌日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)は昏睡強盗罪の罪に問われた神いっき被告(30)の「性」について公判内容とともに詳しく紹介した。

   神被告は性同一性障害をカミングアウトしており、身体は女性だが性自認は男性だという。番組ではそうした面を掘り下げる中で、神被告が出演した映像作品を持ち出して上半身がほぼ裸になっているシーンを放送した。

「胸のふくらみはなく、外見は男性のようだ」と紹介

   「声優のアイコ」によるものとみられる昏睡強盗事件は2012年6月以降、都内で十数件起きていた。警視庁は4月2日に公開調査に乗り出し、7月7日に神いっき被告(当時は容疑者)が逮捕された。

   警視庁が公開した防犯カメラの映像に映っていた「アイコ」は、ヒョウ柄の帽子をかぶり、ロングヘアーをいじるアヒル口の女性だった。しかし逮捕された神被告は短髪でボーイッシュな外見。その後の報道で、神被告の戸籍は女性だが普段は男性として生活していたことが明らかにされた。

   東京地裁で行われた初公判でも、検察側からそうした点が言及されたという。冒頭陳述では、神被告が普段は男性として生活していたこと、犯行時にはロングヘアーのカツラをかぶって女性ものの服を着て男性に声をかけたことが指摘されたと報じられている。

   神被告は自身のブログで性同一性障害をカミングアウトしていた。身体は女性だが性自認は男性、いわゆる「FtM(フィメール・トゥ・メール)」のケースで、Facebookの性別は「男性」。恋愛対象は「女性」としていた。

   そうした複雑な事件背景について11日放送の「とくダネ!」が詳しく紹介した。ネット上で公開されていた写真や動画を交えながら神被告の「性」にスポットライトを当てた。その中で神被告が男性として出演した2012年の自主制作映画「代引き」も取り上げ、実際の映像も一部流した。

   狭く散らかった部屋で数人の男性が眠っているシーンでは、パンツとTシャツだけをまとった神被告も映っていた。大の字になって眠る上半身裸の男性の上に重なるカットではTシャツの袖を通しておらず、上半身はほぼ裸の状態だ。乳首も露わになったほっそりとした上半身が映しだされる中、「胸のふくらみはなく、外見は男性のようだ」とのナレーションが入った。

小倉氏「犯行は『否認』したが、あちらは『避妊』しなかった」

   しかし戸籍上は女性であり、妊娠しているという一部報道もあるため、映像が流れた後、ネットでは、

「性同一性障害だからOKという理由で放送したのなら、なんか逆にジェンダー的には進んでるという評価?なのか??わからん...」
「ぺったんならモザイクかけないのか」

といった視聴者の戸惑いの声が多く上がった。また、

「戸籍上は女性で、妊娠もしてる神いっき被告が、自主映画で胸を丸だしにしてるシーンを、わざわざ見せる必要があるの?」
「ぺったんこだから放送していいってことはないだろ」

と放送することへの違和感を示す人も少なくなかった。

   加えて番組では、司会の小倉智昭さんが「犯行は『否認』しているけれども、あちらのほうは『避妊』しなかったってね...誰か言ってましたけども」と冗談を飛ばす一幕も。出演者陣の顔は引きつり、視聴者からも「最低」「セクハラ」という声があがっている。

   こうした視聴者の反応についてフジテレビに見解を求めたが、回答は得られなかった。

   神被告は初公判で、今年2月に東京都杉並区で20代の男性に睡眠薬入りの酒を飲ませて現金約2万円や腕時計など41点(35万円相当)を盗んだという起訴内容について「ぼくは身に覚えがありません」と否認、無罪を主張した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中