みんなの党、当面の分裂を回避 火種は残る

印刷

   浅尾慶一郎代表と渡辺喜美前代表との対立が激化していたみんなの党が2014年9月27日両院議員総会を開き、与野党双方との協力を否定しない方針を採択した。野党再編を目指す浅尾氏と安倍政権との連携強化を求める渡辺氏双方の主張を盛り込んだ形で、党の再分裂は当面は回避された。2人は報道陣の前で握手するなど和解を演出したが、渡辺氏は野党再編について「現実的にはありえない」と引き続き持論を展開。依然として火種は残っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中