すき家、6割の店舗で深夜営業を中止

印刷

   2014年9月30日、ゼンショーホールディングスは牛丼チェーン「すき家」の約6割にあたる店舗の深夜営業を10月1日からやめると発表した。

   すき家は「ワンオペ」と呼ばれる深夜時間帯の1人勤務態勢を解消するとしていたが、人手確保のめどが立たなくなったため。24時間営業を行う1843店舗のうち、1167店舗で原則0時から5時の深夜営業を中止する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中