Tポイント、個人情報の「第三者提供」停止を受け付け

印刷

   共通ポイントプログラム「Tカード」の会員規約改訂に伴い、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は個人情報の「第三者提供」を停止するためのオプトアウト申請の受付を2014年10月28日に開始した。

   CCCでは個人情報への関心が高まっていることや個人情報保護法改定の動きを受け、11月1日に規約を改訂する。これにより個人情報の法的な位置づけを「共同利用」から「第三者提供」に変更する。

   「第三者」とはいっても名簿業者などに個人情報を転売するわけではない。そもそも「T会員」の個人情報は、これまでもCCCグループおよびポイントプログラム参加企業との間で共有されていた。「第三者提供」への変更後も、情報提供の範囲はCCCグループおよびT会員向けサービスを提供する企業に限られる。

   改訂については8月14日にお知らせページを公開したり、メールや店頭で告知したりと周知を図ってきた。10月28日には第三者提供を望まない会員に向け、オプトアウト申請の案内ページを用意。申請手順などを詳しく説明している。

   Tポイント・ジャパンの広報によると、オプトアウト申請後に提携企業が新たに加わった場合は、改めて手続きが必要になる。提携先の追加情報は、その都度Webサイト上などで公開するという。

   なお、個人情報の提供を停止した場合、利用履歴に応じた特典などのサービスが受けられなくなる場合があるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中