安倍首相「選挙特番」でお怒りモードに キャスターの質問にイヤホン外す

印刷

   2014年12月14日夜、テレビ各局の衆院選特別番組に出演した安倍晋三首相。各局の司会者からの質問に答えるなかで、少々「お怒りモード」に見えるシーンもあった。

   テレビ東京で放送された「池上彰の総選挙ライブ」で、池上氏から集団的自衛権について選挙戦であまり触れていなかったのではないかと問われた安倍首相は、「そんなことありませんよ。今までもテレビの討論会で何度も議論したじゃないですか」と語気を強め、「(自民党が)勝ったから(集団的自衛権について)訴えていなかったというのはおかしいと思いますよ」と続けた。

   日本テレビ系の「ZERO×選挙2014」では、スタジオからの音声を聞くためのイヤホンを外す様子がしばしば見られた。そのため、安倍首相が話しているときにキャスターの村尾信尚氏が質問を重ねようとするが、その耳に届かない。さらに「ただ村尾さんのように批判しているだけでは何も変わらない」とチクリ。村尾氏が「私は何も批判していません」と言いかけるが、またもイヤホンを外してしまった。安倍首相は最後に「そちら(スタジオ)の音がうるさくて、1回1回(イヤホンを)とらせていただいた」と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中