ガソリン価格、1年11か月ぶり140円台 23週連続値下がり

印刷

   レギュラーガソリンの全国平均小売価格は2014年12月22日時点で、1リットルあたり149.1円となり、23週連続で値下がりした。経済産業省・資源エネルギー庁が12月25日に発表した。前週(15日)より3.3円安い。2013年1月7日(148.8円)以来、1年11か月ぶりに150円を下回った。

   世界経済の減速懸念や米国のシェールオイルの生産増などを背景とした原油安が要因だが、石油元売り会社が卸価格を引き下げたことなどが影響した。下げ幅は前週より0.4円拡大している。

   都道府県別にみると、3週連続で47都道府県のすべてで値下がりした。最も高かったのは高知県の158.9円(前週159.0円)。長崎県の157.1円(159.5円)、鹿児島県の156.5円(160.3円)と続いた。値下がり幅が大きかったのは、鳥取県の4.8円が最大で、静岡県の4.5円が続いた。

   なお、灯油18リットルあたりの店頭価格は前週より49円安い1711円で、18週連続の値下がりとなった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中