海外M&A、最多の557件 14年の国内企業

印刷

   日本企業による海外M&A(合併・買収)の件数が2014年に557件と、前年と比べて58件(11.6%)増えて過去最多を更新した。M&A助言のレコフが2015年1月5日までにまとめた。これまでは2012年の515件が最多だった。金額でも5兆7740億円と、9%増えた。これは過去5番目に多い水準。

   企業業績が回復するなか、M&Aでアジアを中心に海外事業を強化する動きが強まっている。金額ベースで最大だったのは、サントリーホールディングスが約1兆6000億円を投じた米蒸留酒大手ビーム社の買収。また、第一生命保険が米中堅生保を買収したほか、調味料大手のミツカンホールディングスが英ユニリーバから米国のパスタソース事業を買収したのが目立った。

   2014年の為替相場は、一時1ドル120円台まで円安が進んだ。円安時のM&Aは円換算した費用が膨らみ、条件的には不利だが、企業の手元資金が潤沢なこともあり、投資意欲は旺盛だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中