ヨルダン、死刑囚釈放に反対の声多く 政府も対応に苦慮と報じられる

印刷

   イスラム国から日本人の人質との交換条件が持ち出されたことについて、ヨルダンの政府は、それから2日経った2015年1月26日夕現在も公式声明を出さず、沈黙している。自爆テロを起こして約60人の命を奪ったリシャウィ死刑囚の釈放要求について、ヨルダン国民の反対が強く、対応に苦慮していると報じられている。

   イスラム国には、ヨルダン空軍のパイロットも拘束されており、その釈放よりも先に日本人の人質問題が取り組まれることに違和感が出ているともされている。報道によると、ヨルダン政府の報道官は25日、「日本政府とは協力して対応している」と述べたが、今後については明言を避けた。真偽は分からないが、関係者の間では、日本人の人質とヨルダンのパイロットを同時にリシャウィ死刑囚と交換する議論もされているという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中