「日本が建国された日はいつか」の正答率2割未満... 「米中9割超」との比較は意味なし?

印刷

   「日本が建国された日を知っている日本人は2割未満」とする意識調査結果を2015年2月11日付の産経新聞が紹介したところ、インターネット上で話題になっている。

   記事によれば、調査は日本青年会議所(日本JC)が1月に実施したもの。全国10都市で18歳以上の男女約1万人にヒアリングしたところ、「日本が建国された日はいつか」という問いに「2月11日」と答えたのは19.3%だったという。

   日本JCは日本国内に住む18歳以上の外国人男女に対しても調査を実施した。街頭ヒアリングに加え、調査会社経由で計300人にメールで質問したところ、「自国の建国・独立の日」を正しく答えた国は、中国がトップで100%、続くカナダが97.7%、アメリカが91.3%だったという。産経記事では他国との差に着目し、「日本人の建国に対する意識の低さが鮮明に浮かび上がった」などと紹介していた。

   記事はインターネット上で反響を呼んだ。「2割未満」という結果に驚きの声も多く上がっているが、一方で米中などと比較しても仕方ないという声も目立つ。「建国記念の日」は「日本書紀」が伝える、神武天皇が即位したとされる「紀元節」をもとに、1966年に定められたもの。「建国された日」ではなく、「建国されたことを記念する日」という意味合いだ。

   そのため「史実として認識できない日を建国記念の日って言われてもそりゃ認知されにくいと思う」「アメリカや中国と比べてどうするんだ?」といったコメントも少なくない。また、「建国記念の日はいつか?と聞かれれば2月11日と答えられると思う」などと、質問の仕方に問題があるとの指摘もあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中