ビール3社12月期で明暗 アサヒは過去最高益

印刷

   ビール大手3社は2015年2月12日、2014年12月期連結決算を発表した。アサヒグループホールディングスの純利益は14期連続で過去最高を更新。一方、キリンホールディングスとサッポロホールディングスはともに減益となった。

   アサヒの売上高は前期比4.2%増の1兆7854億円、営業利益は同9.2%増の1283億円、純利益は同11.9%増の691億円で、いずれも過去最高を更新した。ビール類の売り上げは微増だったが、NHKの連続テレビ小説「マッサン」効果でウイスキーが伸びた。キリンは「一番搾り」の販売に注力したことが裏目に出たことなどから、純利益が62.2%減少。サッポロは「第3のビール」から「発泡酒」に切り替えた「極ゼロ」の追加納税が影響するなどして、純利益を96.4%減らした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中