菅官房長官、サンゴ破壊問題で翁長知事に反論「勝手にやっている訳じゃない」

印刷
会見する菅義偉官房長官
会見する菅義偉官房長官

   米軍普天間飛行場の辺野古沖移転をめぐり、沖縄防衛局が設置したコンクリートブロックがサンゴを傷つけている問題で、沖縄県の翁長雄志知事は2015年2月13日の定例会見で、県が岩礁破砕を許可した区域の外にコンクリートブロックが設置された可能性があるとして「すでに出した許可の一時停止を含めて検討するように指示した」と述べた。

   これに対して菅義偉官房長官は同日午後の会見で、

「このコンクリートブロックの設置については、沖縄県知事が定める『沖縄県漁業調整規則』等を踏まえ、同県との調整を得て、適切に工事に入っている」
「沖縄県から許可を受けているわけですから。それに従って淡々とやっている。勝手にやっている訳じゃない」

などと反論し、現時点では両者の主張は平行線だ。

   菅氏は、移設計画への影響については、

「まったくない」

とした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中