「和民」10年ぶり値下げ、300円未満の料理を4割に倍増

印刷

   居酒屋大手のワタミは、主力の「和民」や「わたみん家」「坐・和民」でメニューを見直し値下げすることを、2015年3月5日に明らかにした。1皿あたりの単価を引き下げ、より利用しやすい価格に設定した。メニュー価格を全体的に引き下げるのは、約10年ぶり。

   具体的には、「和民」では、現在490円のビールを1割弱下げて450円に、450円のハイボールは3割強下げて290円にするほか、メニュー構成も300円未満の商品を現行の2割から4割と倍増し、より注文しやすくする(いずれも、税別価格)。

   メニュー変更日は、焼き鳥がメーンの「わたみん家」が3月19日から。「坐・和民」が4月2日、「和民」が4月9日から。

   ワタミによると、「お客様が『和民』に求めていることは、『安くて美味しい』ということで、高品質や素材感という専門性を兼ね備えた商品やボリュームについては来店動機のきっかけとなる要素ではありませんでした」とし、消費増税に伴い客層の拡大を狙って高めの価格の料理を増やしたことが裏目に出たと分析。また、1皿あたりのボリュームを増やしたことが、結果として注文点数を10%~20%程度減らすことにもなった。

   ワタミは、「商品の原価率はこれまでと比較して1%上昇しましたが、会社全体の生産性を高めることや広告宣伝費を見直すことで吸収していきます。今回のメニュー変更で、バラエティ豊かな商品を、たくさん頼んでも安心の価格で楽しめる、お客様が本来居酒屋チェーンに求めているメニューを実現できるものと考えています」とコメントしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中