愛犬家・駐韓米大使に「犬肉」差し入れ 本当に「善意でうっかりした」のか

印刷

   米国のマーク・リッパート駐韓大使(42)の襲撃事件をめぐり、韓国のネット上ではリッパート大使への激励や謝罪の声が相次いでいる。そんな中で議論になっているのが、リッパート大使への「差し入れ」だ。

   韓国では、犬肉を食べると手術後の体力回復に役立つと考えられているが、リッパート大使は愛犬家として知られている。そんな中で犬肉を差し入れようとした男性がいたことが明らかになり、「回復を祈る気持ちでの純粋な行為」「恥ずかしい行為」などと意見は割れている。

韓国世論では大使への同情論広がる

リッパート大使は事件後に韓国語で「ともに進もう」とツイートし、大使に同情する声が相次いだ
リッパート大使は事件後に韓国語で「ともに進もう」とツイートし、大使に同情する声が相次いだ

   リッパート大使は2015年3月5日朝、ソウル市内の講演会場で革新系団体代表、金基宗(キム・ギジョン)容疑者(55)に刃物で切り付けられ、右あごの上に長さ10センチ以上、深さ3センチの傷を負った。搬送先の病院では約80針を縫う手術が行われた。

   同日中に大使が「米韓同盟を進化させるためにできるだけ早く復帰する」とツイートし、韓国語でも「(米韓で)ともに進もう」とメッセージを添えたこともあって、韓国世論では大使への同情論や「申し訳ない」といった声が広がった。

   その中「不協和音」をかもしだしているのが、翌3月6日朝の出来事だ。韓国の通信社「ニューシース」が3月7日に報じたところによると、70代の男性が犬肉とワカメを持って大使が入院している病院を訪れた。この男性は「大使の回復のため」だとして犬肉とワカメを大使に渡すように望んだが、病院側は患者の安定や保安規定を理由に断ったという。

国外でも報じられて「国際的恥をかいた」という声も...

   この記事では、

「韓国人は、犬の肉が傷の回復に役立つと信じて、手術後の患者に与える」

とする一方で、リッパート大使は愛犬家で、襲撃前は愛犬を連れて大使公邸付近を散歩していたことも紹介している。

   この出来事は韓国内でも賛否両論を呼び起こした。例えば韓国紙「国民日報」では、

「犬を育てる人に犬の肉を持ってくるのは好意だとは言えない」

といった議論がネット上で出たことを伝えている。さらに、このニュースが国外でも報じられたことで、

「国際的恥をかいた」

といった声も出たという。

   ただ、この記事のコメント欄では

「犬肉が健康回復に良いというのは、皆が認める事実。回復を祈る気持ちでの純粋な行為。その心が美しいのではないのか」
「恥ずかしい、これは国の恥さらし。インド大使には牛肉を差し入れるのか」

などと賛否両論が並んでおり、必ずしも批判一色というわけでもないようだ。

   韓国メディアによると、リッパート大使は3月11日に退院予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中