オウム・麻原が信者に獄中指示とテレ東特集 アレフに改称、後継者指名もそうだった?

印刷

   オウム真理教教祖の麻原彰晃死刑囚(60)が、獄中から信者らに教団復活に向けた指示を出した全文書を入手したと、テレビ東京が特集番組を放送した。そこには、恐ろしい極秘メッセージが込められていたというのだ。

   オウムの麻原死刑囚らが地下鉄サリン事件などを起こして逮捕されてから、2015年で20年が経った。新たに指名手配者が逮捕されるなどして裁判はまだ終わらないが、テレ東の番組では、いまだに麻原死刑囚が信者らを操っているとの見方を示した。

麻原死刑囚の四女からデータを入手

有田芳生さんもツイート
有田芳生さんもツイート

   3月7日夜放送の「報道スクーププロジェクト」で、その証拠として、番組は、麻原死刑囚の四女(25)から入手したという逮捕後から2年間にわたる獄中指示の全文書を挙げた。四女は、事件を反省しない教団と06年に決別したといい、今回は、A4用紙で120枚以上、11万字にもわたる文書データをUSBメモリーで番組側に提供したという。

   それによると、偽証の疑いで95年10月に逮捕された上祐史浩元幹部らは、逮捕後は取調官の調べに事件のことを話していた。しかし、麻原死刑囚は、翌年2月に「黙秘すれば解脱する」といった内容の指示を信者らに出していた。

   この指示は、麻原死刑囚に面会した弁護士が教団幹部に報告して、幹部らがそれを信者らに通達していたのだという。これを知った上祐元幹部は、態度を変えたといい、テレ東の取材に対しては、一転して供述を拒否したことを明かした。こうした指示が、捜査妨害になり、真相解明の妨げになったのではというのだ。

   オウムは、2000年に教団名をアレフに改称したが、これも麻原死刑囚の指示だった。95年11月には、「新しい任意団体」としてアレフとするとの内容が文書データに書かれていた。

   さらに、上祐元幹部は、記録に残っていない獄中指示もあったと明かした。12年に指名手配中の平田信被告ら3人が逮捕されたが、それまで17年間も逃亡し続けたのは、すべて麻原死刑囚の指示だったというのだ。逃亡者の一部にその指示を伝えていたのは、上祐元幹部だったともいう。

若い信者らは、指示で拘置所の周りを回り...

   テレ東の番組が、「最も恐ろしい指示」としたのが、麻原彰晃死刑囚が逮捕翌年の96年に後継者を指名していたことだ。

   6人の子供のうち、当時3歳だった長男と2歳だった次男を教祖に指名したもので、それも文書データに残されていた。実際、教団はそのように動いており、指示の2週間後には、麻原死刑囚に指名された長女が会見を開いてこのことを発表していた。

   長男と次男は今、成人となっているが、番組では、麻原死刑囚は2人に恐ろしい極秘の「教義」を指示していた可能性があると指摘した。96年5月には、チベット密教に伝わる教えを2人に修行させるように指示していたという。

   番組では、武闘派とされる新実智光死刑囚が、今でも麻原死刑囚と獄中交流し、次男とも拘置所で面会を続けているとの証言も紹介した。しかし、次男に取材を申し入れると、「お答えできません」と拒否されたという。逮捕後20年経った今でも、信者は増え続けており、番組では、麻原死刑囚の獄中指示で、今も若い信者がパワーをもらおうと拘置所の周りを回っている姿も紹介した。

   こうした放送内容に、オウムの事件に関わった識者からは、様々な声が漏れている。

   ジャーナリストで民主党参院議員の有田芳生さんは、ツイッターで「新資料も発掘し、オウムと周辺の当事者からもよく取材をした番組」だと評価した。ただ、上祐史浩元幹部については、「まったく無批判でただの解説者の扱い。これはおかしい」と疑問を呈している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中