宮崎産完熟マンゴー初競り、最高値は2玉30万円

印刷

   宮崎県特産の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競りが2015年4月13日、全国30市場で一斉に行われ、宮崎市中央卸売市場では1箱(2個入り、約1キロ)が全国で最高値の30万円で競り落とされた。過去最高値を記録した2014年と同額だった。

   「太陽のタマゴ」は、収穫時にハサミを使わず、完熟させて自然落下させるのが特徴。糖度15度以上、重さ350グラム以上などの基準をクリアした、最高級ブランド。

   JA宮崎経済連によると、2015年の完熟マンゴー全体の生産量は、例年並みの約1010トンの見込み。ここ数日の天候不良で出荷は遅れたが、色合いはよく、品質も上々という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中