京都市バス運転手が失神、あわや大事故 乗客がサイドブレーキ引く

印刷

   京都市バスの運転手(33)が走行中に突然意識を失い、乗客の男性がサイドブレーキをかけて停止させる緊急事態が2015年3月19日朝にあったと、各マスコミが4月27日に報じた。

   それによると、京都市上京区内の交差点で信号が青になったが、運転手がけいれんを起こして意識を失った。バスはブレーキから足を離すと自動的に走るため20メートルほど進んでしまい、異変に気付いた乗客の男性がサイドブレーキをかけたという。運転手は救急車で病院に運ばれたが、乗客約10人にケガはなかった。

   運転手はこの日、業務前に健康チェックを受けたが異常はなく、原因は分かっていないという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中