今やNTTドコモの「お荷物」に 当期純損失503億円、NOTTVまたも大赤字

印刷

   NTTドコモとテレビ局などが出資している「NOTTV」を運営するmmbiが苦戦している。2015年3月期も赤字決算となり、営業損失が28億円、当期純損失も503億円にのぼった。

   最近はタレントの林家ペー・パー子さんらが出演する、アフロヘアの戦隊ヒーロー風のテレビCMが話題になるなど露出度は多く印象も強いものの、経営不振の長いトンネルから抜け出せずにいるようだ。

  • 「NOTTV」、9年連続で赤字…(画像は、「NOTTV」のホームページ)
    「NOTTV」、9年連続で赤字…(画像は、「NOTTV」のホームページ)

売上げアップも赤字幅は前年比で大きく拡大

   「NOTTV」は2012年4月の開局以来、AKB48やEXILEなどの人気アーティストによるオリジナル番組をはじめ、ドラマやニュース、バラエティなどの気に入った番組を、月額420円で、スマートフォンやタブレットを使っていつでも手軽に見られるサービス。

   2015年4月からは「NOTTV1」と「NOTTV2」に、新たに「フジテレビONE スポーツ・バラエティ」や「フジテレビTWO ドラマ・アニメ」「時代劇専門チャンネル」「AXN 海外ドラマ」などのBS/CSの人気6チャンネルを加えた、「NOTTVパック」を、月額635円(税抜)で提供しはじめた。

   そんなNOTTVを運営するNTTドコモグループのmmbiが2015年6月25日、第9期(15年3月期)決算を明らかにした。それによると、売上高は156億円と前年比で2.6倍に増えたが、営業損失は28億円(14年3月期は167億円)を計上した。

   売上原価の133億円と販売費や一般管理費にかかった51億円が重石となったが、前年より赤字幅を減らした。

   ところが、経常損失は316億円(169億円)、当期純損失は503億円(168億円)と、いずれも赤字幅を大きく増やした。292億円の営業外費用と、817億円の特別損失を計上しており、大幅赤字の要因はここにありそうだが、mmbiは赤字の理由について、「開示している情報以上のことは差し控えさせていただきたい」と話している。

   mmbiはこれで9年連続の赤字で、一向に黒字化する気配がない。

   NOTTVが苦戦している理由はいくつかある。たとえば、スマホで視聴できるといっても、NTTドコモの端末でしか見ることができないし、順次拡大しているとはいえ、主力の首都圏や関西圏、東海圏でも視聴できるエリアが限られていることがある。「スマホの充電池の消費が激しい」との指摘もある。

   さらに、月額420円を徴収されることに抵抗を感じる人は少なくなく、また有料放送なのにCMが入ることに違和感をもつ人もいるようだ。

   なかには、親会社のNTTドコモと契約するときに、自動的にNOTTVがセットされ、解約しないと月額料金が徴収されてしまうことに不満をもつ人がいるようで、インターネットには、

「ドコモユーザー要注意! ケータイの明細を見たら、謎の420円を払っていることに気づいた。身に覚えがなかったので調べてみたら、なんと観たことがない動画サービス『NOTTV』が解約されずにいたことが判明。(泣)」

といった声が寄せられている。

「こんなのやる前から素人でも失敗するってわかってた」

   そんな使い勝手の悪さが原因なのか、2015年3月時点の契約者数はわずか175万件にとどまっており、13年時点から約70万人しか増えていない。当初、損益分岐点を契約者数で1000万件とし、「5年後に対応機種で5000万台が普及する」と説明していたが、こちらも目標にはほど遠い状況だ。

   そもそも「NOTTV」は、地上波アナログ放送の終了によって空いたVHF帯(700MHz帯)の周波数を活用したモバイル用のテレビ放送。複数の空いたチャンネルを放送事業者に委託して、その放送料で事業を運営する計画だったが、借り手もつかず、結局はmmbiが自らそのチャンネルを使うことになった。

   ちなみに、大株主には60%超を保有するNTTドコモのほか、約6%をもつフジ・メデヂィア・ホールディングス(HD)とスカパーJSAT、日本テレビ放送網や東京放送HD、電通(ぞれぞれ4%ずつ)が並ぶ。

   そんなことからインターネットでは、

「こんなのやる前から素人でも失敗するってわかってた。そもそも何のためにはじめたんだ? 空いた帯域を保有するためだけにやってるのか?」

と、周波数の割り当ててもらうのが目的で、「採算がとれる見通しは最初からなかった」とみる向きは少なくない。

   そのため、9期連続の赤字への驚きも少ないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中