夏の風物詩「東京湾大華火祭」が今年限りで休止 原因は五輪の選手村設営工事、惜しむ声が多数寄せられる

印刷

   27年にわたり8月の東京の夜空を彩った「東京湾大華火祭」(以下「大華火祭」)が、2015年を最後に休止する。「大華火祭」開催地の東京・晴海(中央区)周辺で、東京五輪の選手村を設営する工事が近々始まってしまうためだ。

   ネット上には惜しむ声が続々寄せられ、中央区の担当者も「本当に残念です」と口にする。

  • 今年が「見納め」か?(画像はイメージ)
    今年が「見納め」か?(画像はイメージ)

地元は「オリンピックなら仕方ない」と納得

   「大華火祭」は、毎年8月の第2土曜日に行われている花火大会。民間企業などで作る実行委員会と中央区の主催で1988年に始まり、2015年8月8日で27回目を迎える。晴海埠頭公園や晴海埠頭沖に浮かべた船の上から約12000発の花火が打ち上がり、観覧場所となる晴海埠頭周辺に例年約70万もの人々が集まる。隅田川花火大会や神宮外苑花火大会と並んで、東京の代表的な花火大会の一つだ。

   そんな「大華火祭」が、東京五輪の都合で15年を最後に休止する。そんな噂が数か月前からネット上に流れていた。これをめぐり、中央区議会議員の田中耕太郎さんや青木かのさんがツイッターで、今年最後になる可能性が高い、と通知。一部新聞も「今年で見納め」と報じたため、より現実味を帯びた。

   東京の夏を象徴する行事だったこともあり、ツイッターなどに、

「えーーー!!楽しみにしてたのに‥」
「寂しいよね」

と惜しむ声が続々寄せられている。

   果たして休止は決定しているのか。中央区の担当者はJ-CASTニュースの取材に「本当残念なんですけども」と前置きし、「今の形で実施するのは今年で最後です」と明かした。理由は、五輪選手村の建設で会場の確保が難しくなるためだ。区内には数十万人を収容できる規模のオープンスペースが晴海地区以外残されておらず、今後、区主催という形での開催は難しくなる。

   惜しむ声は寄せられていないか、という記者の質問には、「経済効果が大きかったため残念がる地元の方々も多いですが、皆さん『オリンピックなら仕方ない』と納得しています」という。ただ、今後継続できるのかどうかは「全く白紙状態」。東京五輪後も存続しているかどうかは、分からないという。

東京都は区の「引き継ぎ」要望に難色を示す

   また区の担当者は、「大華火祭」の主催を引き継ぐよう東京都側に申し入れているが、都は難色を示している、という事実も明かした。区としては近隣区とも協力しながら規模と場所を変えて「大華火祭」を継続させたい。その際、打ち上げ場所や観覧場所の確保も含め、都に仕切ってほしいというわけだ。

   しかし、都は14年3月に区から寄せられた申し入れを「困難です」と断り、15年3月に寄せられた申し入れには未だ返答を寄越していないという。

   断った理由は何だったのか。都のオリンピック・パラリンピック準備局へ取材すると、

「今まで中央区が主体となってやってきたことや、都が花火大会を主催した前例がないことを理由に『難しい』とお答えしました」

と話す。ただ、あくまでも区主催の上で、「側面的な支援」ならできる、と語った。15年3月の申し入れについては、「(区に)返答するかどうかは未定」という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中