「安倍はやめろ!」絶叫、怒号が飛び交う国会前の抗議活動 警察と押し合いへし合いで一時騒然

印刷

   「安倍はやめろ!」「国民なめんな!」――。2015年7月15日、学生グループら若い世代も加わった大勢の人々が国会前に集まり、安全保障関連法案に反対する緊急抗議活動を行なった。

   絶叫にも近い掛け声は数時間に及び、一部の人は警察と押し合いへし合いになり怒号が飛び交うなど、あたりは一時騒然とした。

  • 抗議活動には多種多様の大勢の人が集まった
    抗議活動には多種多様の大勢の人が集まった
  • 「安倍はやめろ!」「国民なめんな!」コール
    「安倍はやめろ!」「国民なめんな!」コール
  • 押し合いにへし合いになる場面
    押し合いにへし合いになる場面

野外音楽フェスのような雰囲気も

   安保関連法案をめぐり、急きょ開催された抗議集会には多くの参加者が国会を取り囲んだ。学生らのグループ「SEALDs(シールズ)」をはじめ、労働組合や護憲派グループなどさまざまな団体が集まったほか、ベビーカーを押す母親や手をつないだカップルなど一般市民の姿も目立った。

   初参加したという2人組の20代の女性会社員は「声をかけあって集まった」と話し、3回目の参加だという男子学生は「手作りのプラカードを持って来た。明日も参加するつもり」と語る。

   参加者数については6万人とか、10万人とか諸説あるが、なかなか前に進むことができない。とにかくものすごい数であることは確かだ。国会正門前のメーンステージ付近には入りきれない人のために、国会の裏側には複数の大型スピーカーが置かれた。

「ファシズム許すな!」
「安倍はやめろ!」
「勝手に決めんな!」

   数パターンのフレーズが延々とこだまする。おそろいのTシャツを着たり、国会議事堂をバックに記念撮影をする人もいたりして、「国民守れ!」というメッセージのような悲壮感はない。学生のスピーチに「ウェーイ!」「フー!」と歓声を上げる様子はまるで音楽の野外フェスのようだった。

   予定の21時30分を過ぎ、雨脚が強くなっても抗議活動は終わる気配はない。22時過ぎ、警察が開放していた車道から歩道に上がるよう呼びかけると、参加者は反発。人間のバリケードを組んで抵抗した。大柄で屈強そうな男性たちが率先して加わり、押し合いへし合いになった。

   「歩道に上がってくださーい」と言う警察に対し、

「触るな!」
「押すなよ!」

と怒号が響き渡った。警察の指示に従うよう呼びかけたり、「今、もめてどうするんだ!」と制止したりする人もいたが、抵抗しようとする人がどんどん加わり、あたりは一時騒然とした。「やめてー!」と金切声をあげる女性もいた。

   結局、夕方から始まった抗議活動は23時40分ごろに終了。学生の「今回だけじゃなく、(衆院で再可決できる)60日間、追い込んでいくんでよろしくお願いします!」というスピーチで締めくくられた。緊急抗議活動は7月16、17日にも行われる予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中