元「ほっしゃん。」がブチ切れ気味なワケ ツイッターの「吉本」表記めぐり大騒動に

印刷

   以前は「ほっしゃん。」の芸名で親しまれていたお笑い芸人の星田英利さんが、所属事務所「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」(吉本興業)に対するツイッター上の書き込みに腹を立てている。

   星田さんのツイッターへの返信の中で、「在日吉本」と表記したネットユーザーがおり、これに対し、法的措置を取る構えを見せている。一方で、星田さんの対応を批判するつぶやきもあり、注目を集めている。

  • 「在日吉本」が何を意味するのかは説明されていないが…(画像は星田さんのツイートのスクリーンショット。編集部で他ユーザーのアイコン部分など一部加工)
    「在日吉本」が何を意味するのかは説明されていないが…(画像は星田さんのツイートのスクリーンショット。編集部で他ユーザーのアイコン部分など一部加工)

「会社が動いたらマジで逃げれへんよ」

   きっかけとなったのは、星田さんが2015年6月19日、ツイッターに投稿したこんなつぶやきだった。

「国のリーダーならば何のごまかしもなく、『遥かに危険度は増す。死ぬかもしれん。でも、国のために、国民のために、皆さんの貴重な命をかけてくれ!』って頭を下げるのが現場の方々に対する最低限の 礼儀やと思う」

   何に言及したのか明らかにしていないものの、当時衆議院で審議の進んでいた安保法案に関するものと思われる。

   それからおよそ1か月後の7月22日、以前の投稿に対し、「危険度は増さない。安全策の為の法案だ。在日吉本が嘘で若い人々を先導するな!!」と批判的な返信を寄せるツイッターユーザーが現れた。

   「在日吉本」が何を意味するか説明はないが、文脈などから、星田さんの所属する吉本興業が在日韓国(朝鮮)人と強い関係があるといった趣旨を、根拠を示さずに書いた内容のようだ。

   星田さんは返信があった10分後に素早く反応。「在日吉本って?真面目に言うとる?マネージャー経由で弁護士に連絡したよ。よろしく」と法的措置をちらつかせた。

   前述のユーザーに「それは言論封殺の恐喝のつもりか?」と返されると、「あんたが事実無根の難癖つけてきてんねんやろ」「会社が動いたらマジで逃げれへんよ」「とことん目の前でツブすで」などと、闘う構えを見せた。

「騒動」へと発展

   そのうち他のツイッターユーザーもやり取りに参加、まとめサイトなども取り上げ始め、大きな「騒動」へと発展した。賛否さまざまな声が寄せられるなか、星田さんは、法的措置を取る準備を進めている、といった趣旨の記述を繰り返した。

   7月23日には、「あのね、日本人やけど、『在日』って言う言葉に何の不快も無いよ。その言葉を差別的に使うのが許されへんだけ」とツイートした。

   吉本側は事態を把握しているのか。よしもとクリエイティブ・エージェンシー広報部はJ-CASTニュースの23日の取材に対し、「そうした情報は入ってきていない」とした上で、記者が状況を説明すると、「今後の推移によっては対応を考えるが、現在はその段階にない」と回答した。

   ネット上ではこれまでも、根拠を示さずに個人や企業を「在日認定」する書き込みが多数なされている。

   13年4月には、自民党の河野太郎衆院議員が、自身を在日韓国(朝鮮)人だと書くブログ記事をツイッターで紹介した人物に対し、ツイッター上で謝罪を要求し、法的措置も検討する姿勢を見せた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中