朴大統領の妹が「日本擁護」、靖国批判は「内政干渉」 日本側支援が韓国の発展に果たした役割も評価

印刷

   韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の妹、朴槿令(パク・クンリョン)氏(61)がニコニコ生放送のインタビューに応じ、その内容が波紋を広げている。日韓国交正常化後の日本による経済支援を高く評価したり、韓国政府が閣僚の靖国神社参拝を非難することを「内政干渉」だと非難したりするなど、韓国世論とは180度反対の立場をとっているからだ。

   発言内容と同じくらい韓国メディアが問題視しているのが、朴氏が「天皇陛下」という言葉を使ったことだ。韓国メディアは「天皇」という単語すら使いたがらず、それに敬称をつけるとは言語道断、という訳だ。この表現が「妄言」だと非難するニュースサイトもある。

  • 朴槿恵大統領(右)と妹の朴槿令氏(左)の対日姿勢は大きく異なる。写真は08年8月に撮影された(写真:Newsbank/KPG/アフロ)
    朴槿恵大統領(右)と妹の朴槿令氏(左)の対日姿勢は大きく異なる。写真は08年8月に撮影された(写真:Newsbank/KPG/アフロ)

韓国が繰り返し日本に謝罪を求めていることを非難

   インタビューは2015年7月下旬に日本国内で収録された。7月30日、帰国直後のソウル・金浦空港で朴氏が「なぜ首相が変わるたびに謝れというのか」と持論を述べ、インタビューの内容に注目が集まっていた。

   インタビューは8月4日夜配信された。2時間に及ぶものだったが、その大半が日本に対して好意的な内容だった。1965年の日韓国交正常化後の韓国について、朴氏は

「日本から無償・有償の援助を受け、特に浦項(ポハン)製鉄所は産業課の原動力になった」
「日本企業の技術支援を受けて浦項製鉄ができた」

などと日本側の支援を高く評価。国交正常化が韓国の発展に果たした役割を「決定的だった」と述べた。

   韓国が繰り返し日本に謝罪を求めていることは、

「よりを戻した後も浮気をした夫のうわさを立てているようなもの」
「首相が変わるたびに謝罪を求めるのは、第三国からすればご近所とのケンカのように見え、恥ずかしいことだと思う」

と非難した。

   元従軍慰安婦の女性に対する補償問題は、

「国家で大きな財源をつくる契機を通じて行うべき。もう隣人を責めてはいけない」

と、韓国政府の責任で解決すべきだと主張した。

   靖国神社参拝を韓国政府が批判していることについても

「内政干渉だと思う」

と疑問視、参拝に理解を示した。

「私の友人や中央情報部長の遺族が、父を撃った人のお墓参りをしたからと言って、私が批判することはできない」
「子孫が先祖のお墓にお参りをするのは当然ではないのか。まさか安倍首相が靖国神社に参拝する時に『再び戦争を始めます』などと思っているはずがない」

昭和天皇の「遺憾」の意に韓国人が言及しないのはおかしい

   こういった発言は、朴氏が帰国後に取材に応じた時点である程度伝わっているため、総じて韓国メディアは淡々と報じている。むしろ、インタビュー放送後にメディアが注目したのが、

「全斗煥大統領が天皇陛下に謁見したことをなぜ言わないのか」

という発言だ。これは、全斗煥大統領(当時)が1984年に来日した際、宮中晩さん会で昭和天皇が、

「今世紀の一時期において、両国の間に不幸な過去が存したことは誠に遺憾」

と述べたことを指している。朴氏としては、昭和天皇が謝罪に近い「遺憾の意」を表明したことを韓国人が言及しないことに疑問を呈した形だ。

   これとは別に、朴氏はインタビューの中で、韓国のシスターがハンセン病治療のために技術支援を求める手紙を「皇后陛下」に送ったというエピソードも紹介している。

   韓国政府は天皇陛下のことを公式には「天皇」と呼ぶが、メディアの大半は「日王」(イルワン)という表現を使っている。朴氏はそこに「陛下」という敬称を用いたため、韓国メディアの多くがこの点を批判的に指摘している。

「日王に言及する際、『天皇陛下』と日本語の表現をそのまま使用した」(聯合ニュース)
「日王を指す『天皇陛下』という日本語の表現をそのまま使って問題になった」(東亜日報)
「日王を天皇陛下と尊称で呼んだのは、韓国国民の感情に合わず、韓国で問題になるとみられる」(ニューシース)

   これ以外にも、ニュースサイト「プレシアン」は発言が「妄言」だと非難した。

   朴氏の夫で少数政党「共和党」総裁のシン?ドンウク氏は、ツイッターで、

「特別な意味はない」
「過去の青瓦台の生活での敬語の習慣」

などと釈明したが、朴氏の真意は明らかではない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中