トヨタの天津工場、3日間稼働停止 爆発事故の影響で

印刷

   トヨタ自動車は、中国・天津市で起きた大規模な爆発事故の影響で、現地の合弁会社での生産工場を、夏季休業明けの2015年8月17日~19日に停止する。爆発事故の現場周辺で、危険化学物質への懸念から現地当局からの立ち入り規制が続いているため。

   操業を停止するのは、「天津一汽トヨタ」の泰達工場と西青工場。20日以降の稼働については未定で、今後の動向を見ながらあらためて判断する。

   泰達工場は爆発現場から約2キロメートルしか離れておらず、爆発により窓ガラスが割れるなどの被害があった。西青工場は約70キロメートルと離れているが、泰達工場からの部品供給が滞るため、稼働を停止する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中