阿蘇山噴火で突如注目、お笑い芸人「阿曽山大噴火」 「活動に支障ないのか」「不謹慎と言われないか」の声

印刷

   阿蘇山(熊本県)の噴火が、裁判ウォッチャーとして知られるお笑い芸人・阿曽山大噴火(あそざん・だいふんか)さんに思わぬ影響を及ぼしている。

   本人が噴火について言及する前から、ツイッターなどで「芸能活動はできるのか」「芸名が不謹慎と言われないか」といった憶測が飛び出している。

  • 本当は噴火と無関係なのに…(画像は阿曽山大噴火さんのツイッターより)
    本当は噴火と無関係なのに…(画像は阿曽山大噴火さんのツイッターより)

芸名は本名「阿曽」をもじったもので、阿蘇山とは直接関係ない

   2015年9月14日、噴火が報じられると「阿曽山大噴火」のワードを含んだツイートが急増した。そのほとんどは、

「芸名が不謹慎とか言われたりするんだろうか...」
「芸能活動はどうなるの?」

と「風評被害」を心配する声だ。

   一方、阿曽山大噴火さんがツイッターで最後につぶやいたのは14日深夜。もちろん内容は噴火と無関係だが、阿蘇山噴火後には、

「芸名を『阿曽山沈静化』に改名してください」

といったリプライさえ寄せられている。

   阿曽山大噴火という芸名は本名の姓「阿曽」をもじったもので、阿蘇山とは直接関係ない。読み方も「あそさん」(阿蘇山)と「あそざん」(阿曽山)では異なる。しかし、その芸名が火山噴火を連想させるためか、14年以降、全国各地の活火山が噴火するたびに芸名を変えた。

   最初の変更は14年9月27日の御嶽山(長野・岐阜県境)噴火がきっかけだった。以後、本名または「阿曽ちゃん」という芸名で出演番組などに登場。15年4月に一度は阿曽山大噴火へ戻したものの、箱根山大涌谷(神奈川県)の火山活動が活発化した5月からは、再び本名や阿曽ちゃんの名前で活動している。こうした様子にネットでは「(芸名が)日本一自然に影響される芸人」という評価も出ている。

御嶽山、箱根山噴火で「阿曽ちゃん」に

   現在は、ラジオ番組「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(TBSラジオ)に出演する際は阿曽ちゃん、もしくは阿曽さん、日刊スポーツ電子版に寄稿しているコラム「裁判Showへ行こう」や所属事務所の公式サイトでは阿曽山大噴火と紹介されており、定まっていない。

   どうやらメディアの側も、阿曽山大噴火の芸名を出しにくい事情があるようだ。御嶽山噴火から数日経った14年10月3日、ニュースキャスターの辛坊治郎さんが同日配信したメールマガジンで阿曽山大噴火さんに触れ、このままの芸名でラジオ番組に出演させるのは難しい、と指摘している。詳しい理由は明かさなかったものの、自分が番組ディレクターを務めていたら出演を「考えます」とし、

「この人の芸名は、今回の大噴火とは全く関係ありませんし、もちろん不幸な状況についてなんら責任を問われるものでもありません。でもねえ、この事態にゲストが『阿曽山大噴火(あそざんだいふんか)』は、マズくないですか?」

と述べた。

   阿蘇山が噴火した今、阿曽山大噴火、阿曽ちゃんの芸名を変える予定はあるのか。所属事務所の大川豊興業に取材したところ、「担当者が不在なので、何とも申し上げられない」とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中