「焼酎王国」鹿児島が初の首位転落で大騒ぎ 「黒霧島」の宮崎に複雑な感情

印刷

   芋焼酎の本場として知られる鹿児島県が2014酒造年度(2014年7月~2015年6月)に、出荷量トップの座を宮崎県に奪われて初めて全国2位に転落したニュースは、芋焼酎の関係者、ファンの間で大きな話題になった。焼酎王国・鹿児島では大変な騒ぎになっている。

   数字をまとめたのは鹿児島県酒造組合。それによると、2014年度の鹿児島の芋焼酎出荷量は9万3040キロリットルと、前年度比で7.1%も落ち込み、逆に6.5%増やした宮崎の10万3131キロリットルに逆転された。鹿児島は2006年度をピークに減少傾向が続いているのに対し、宮崎は順調に伸ばしている。焼酎王国・鹿児島が芋焼酎で首位の座から陥落するのは、1990年に統計を取り始めてから初めてだ。

  • 芋焼酎の首位入れ替わりに衝撃
    芋焼酎の首位入れ替わりに衝撃

「霧島酒造は旧薩摩藩」という本家意識

   同組合は、鹿児島の芋焼酎が減少したのは、消費増税に伴う駆け込み需要の反動減のほか、ウイスキーなど焼酎以外の酒類に消費が流れたのが響いたとしている。同組合は「本家本元の面目を取り戻したい」とトップ奪還に向け、鹿児島の焼酎をアピールするキャンペーンなどをこれから積極的に展開する考えだ。

   一方、宮崎には芋焼酎「黒霧島」をつくり、焼酎メーカー売上高で3年連続1位を獲得した霧島酒造(都城市)がある。全国的な営業活動で販路を拡大した「黒霧島」は地域を問わない人気で、最近は「白霧島」も売り出してさらに攻勢に出ており、宮崎県全体の出荷量を牽引した。

   鹿児島は芋焼酎が減ったあおりを受け、麦や米などを含む本格焼酎全体の出荷量でも前年度比6.4%減と、3.8%増の宮崎に抜かれて10年にわたり死守してきた焼酎全体での全国1位の座も奪われた。

   「鹿児島陥落」のニュースを受け、ネット上には「鹿児島が宮崎に抜かれるなんて」「よりによって宮崎とは」など悔しさのあまりか、宮崎に恨みをぶつけるようなコメントが見かけられるとともに、「焼酎の本家に勝った」「よくやった宮崎」と宮崎称賛の言葉も並ぶ。

   これには、歴史的背景などもあり、鹿児島、宮崎両県とも隣県に複雑な感情を抱くという事情もある。

   宮崎をトップに押し上げた最大の功労者である霧島酒造は都城市のメーカー。その都城市はかつて薩摩藩に属していただけに、鹿児島側には未だに「あそこは薩摩」という意識も根強く、「都城は薩摩だから、やっぱり鹿児島がトップだ」「結局は薩摩の勝ち」と話す人もいるほどだ。

   ただ、サイト上には「県の勝負というより、霧島酒造の独り勝ちってだけでしょ」「黒霧島に対抗できるメーカーがないだけ」と焼酎業界全体への辛口な意見も並んでいる。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中