HKT握手会「トラブル」に指原が「神対応」 パニック状態で絶叫した参加者をフォロー

印刷

   HKT48指原莉乃さん(22)の握手会でのトラブル対応が「神対応」だと話題だ。指原さんの列に並んだ人がパニック状態になり、意味不明の言葉を絶叫した模様で、ファンからは指原さんの身の安全を心配する声が相次いだ。

   これに対して指原さんはツイッターで「何もなく握手終わりましたよ」「指原に会うことにすごく緊張してくれてただけなんです」などとフォローした。ファンからは、「大物」などと改めて感心する声や、「アイドルも大変」と逆に指原さんの立場を思いやる声も出ている。

  • 指原さんの「神対応」が話題だ(2015年6月撮影)
    指原さんの「神対応」が話題だ(2015年6月撮影)

「指原は何もなく握手終わりましたよ 捏造のレポートがあがるのは嫌だねえー」

   騒ぎが起こったのは2015年10月11日午後に横浜市で行われた握手会イベントだ。この日は、6000人のファン(主催者発表)を前に氣志團とのコラボシングル発売が決まったことが発表され、その後会場のレイアウトを変更して12の列(レーン)に分かれて握手が行われた。

   参加者の声を総合すると、握手会会場では黄色いTシャツを着た男性が、

「横浜(聞き取れず)って言ってんだ指原!(聞き取れず)できなくなっちゃった」

などとパニック状態で叫んでいたようだ。母親らしき中年女性がなだめようとしたが、それでもすぐには興奮状態は収まらなかったようだ。

   14年5月にはAKB48の握手会で傷害事件が起こっている。事件を機に保安検査が強化されたとはいえ、それでも参加者の異常行動はメンバーを危険にさらすことにもつながりかねない。指原さんのもとにも心配の声が相次いで寄せられたが、指原さんはツイッターで、

「なんだか心配の声があるけど?指原は何もなく握手終わりましたよ 捏造のレポートがあがるのは嫌だねえー」

などと自らに危険はなかったことを強調。

   ツイッター上では

「叫んでた方がいらしたみたいで...」

という声もあったが、指原さんは

「握手会にはいろんな人が来ます。普段は外になかなか出れないけど勇気を出してきてくれたり、人混みが苦手なのにきてくれたり、、応援してる人に会うと思うと、緊張して焦ってしまう人もいます」

と、騒動を起こしたファンの心情を思いやった。

実際に握手できるのは7秒程度

   指原さんは、イベントでは「何もありませんでした」と繰り返し、

「指原に会うことにすごく緊張してくれてただけなんです。一番最後まで待ってくれて、最後の最後まで楽しくお話しできましたよ」

などと説明した。

   この騒動が起きる数時間前には、J-CASTニュース記者も握手会会場にいた。男女比は7:3から6:4といったところで、中国語を話す人もいた。世代も幅広い。指原さんのレーンが1番人気で、列に並んでから握手するまでにかかる時間は40分弱。実際に握手できるのは7秒程度だが、2年連続のNHK紅白歌合戦単独出場を期待していることを伝えると、

「頑張る!応援してね!」

などと笑顔で応えていた。あらゆる人に対して同様に接していることがうかがえる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中