AKB、5年半ぶり新公演 メンバーが感謝を捧げたアノ人

印刷

   AKB48の小嶋陽菜さん(27)や横山由依さん(23)らが所属する「チームA」の新公演が2016年2月10日、東京・秋葉原のAKB48劇場で初日を迎え、それに先だって行われたリハーサルが報道関係者に公開された。AKBに新公演が書き下ろされるのは約5年半ぶり。

   公演のタイトルは「M.T.に捧ぐ」。「M.T.」とは、15年いっぱいでAKB48としての実質的な活動を終えた高橋みなみさん(24)のことを指す。クライマックスでは、背景のスクリーンに高橋さんの姿を大きく映し出す演出が展開された。横山さんは「どこかで見てくれているであろうM.T.のことを思って歌わせてください」と曲を紹介し、半ば高橋さんの「神格化」が進んでいるかのような様子をうかがわせた。

  • スクリーンには高橋みなみさんの姿が大きく映し出された
    スクリーンには高橋みなみさんの姿が大きく映し出された
  • スクリーンに映る高橋みなみさんを見つめる横山由依さん(右)
    スクリーンに映る高橋みなみさんを見つめる横山由依さん(右)
  • HKT48と兼任する宮脇咲良さんは複数の曲でセンターを務めた
    HKT48と兼任する宮脇咲良さんは複数の曲でセンターを務めた
  • 新公演には「チームA」の18人が出演している
    新公演には「チームA」の18人が出演している

「どこかで見てくれているであろうM.T.のことを思って」

   「チームA」のうちメンバー18人が出演し、アンコール含めて全17曲を約2時間かけて披露した。全曲が新曲で、衣装も新調。照明をはじめとする舞台装置も強化された。アンコール前の最後の楽曲で、公演と同じタイトルの「M.T.に捧ぐ」がクライマックスだ。横山さんは曲紹介で、公演が成り立っていることを「初期メンバーの皆さん、そしてたくさんの先輩がいてくださったおかげ」だとした上で、とりわけ高橋さんに対する感謝を強調した。

「その中でも、リーダー的存在であったM.T.は、ファンの皆さんと向き合い、私たちを支え、スタッフの方と語り合って、AKB48をここまで大きくしてくれました。私たち後輩は、そのM.T.の情熱を風化させることなく、これから、もっと前に進んでいきたいと思います。それでは、どこかで見てくれているであろうM.T.のことを思って歌わせてください」

   曲が始まると、高橋さんが後輩を叱咤激励する様子が中央のスクリーンに次々に映し出された。

横山総監督「AKBの第2章が始まる」

   高橋さんから「グループ総監督」を引き継いだ横山さんは、リハーサル後の囲み取材で、公演を機に新たなAKBを引っ張る意気込みを見せた。

「私が今日感じたのは、こんなにも初日って不安なんだ、ということ。今までは先輩がやってきたことをなぞってきたので、そこまで不安がなかった。『どう思われるんだろう』『どう感じてもらえるんだろう』って不安でしょうがなくて...。でもこれで、AKBの第2章が始まるということだと思えた。本当のこのタイミングに感謝している」

   高橋さんは、リハーサルを含めて新公演をまだ見ていない。同期の小嶋さんは

「たかみなが見に来たときは、絶対泣かすつもりで...。私は、多分10秒で泣くと思う。そういうステージを作れたら」

とちゃかし、メンバーや報道陣の笑いを誘っていた。

   全17曲中2曲がソロ曲で、それぞれ横山さんと宮脇咲良(さくら)さん(17)に割り当てられた。それ以外にも宮脇さんは複数の曲でセンターポジションを担当している。宮脇さんは福岡・HKT48とAKBを兼任しており、今後はAKBで採用された、いわば「プロパー」の若手メンバーの存在感をいかにして増していくかも課題になりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中