寝台特急「カシオペア」復活に動き出したJR東 3月最終列車発表に「詐欺だ」の声も

印刷

   2016年3月の北海道新幹線開業に伴って廃止される寝台特急「カシオペア」(上野-札幌)について、JR東日本などは北海道ツアーの団体専用列車として活用する方向で検討に入った。

   新幹線開業によって青函トンネルを含む共用区間約82キロの架線電圧が在来線の2万ボルトから新幹線用の2万5000ボルトへと上げられる。カシオペアを引っ張る在来線の電気機関車が走行できなくなるため、JR東とJR北海道は2015年9月に運行継続を断念し、廃止すると発表していた。

  • 廃止決定で大騒ぎとなった「カシオペア」だが、復活に向けて動いている
    廃止決定で大騒ぎとなった「カシオペア」だが、復活に向けて動いている

高電圧機関車をJR貨物から借りる

   なぜ、今になってJR東は復活に向けた動きを加速させているのか。

   そもそも、青函トンネルでは旅客列車以外に貨物列車も運行している。新幹線開業後も貨物列車は走らなければならず、JR貨物は上げられた電圧に対応できる新型機関車「EH800形」を導入した。JR東は、共用区間と在来線区間のいずれも走行できるEH800形を借り受けて、カシオペアを復活させようと考えたわけだ。JR貨物などと借り受けについて話し合っているという。

   ただ、新幹線と多くの貨物列車が走行しており、カシオペアを走らせるためのダイヤの調整は容易ではない。そのため、復活するにしてもツアー専用で期間を限定せざるを得ない――というのが、今回のカシオペア復活劇の実情のようだ。

   カシオペアは1999年7月にデビュー。全室が2人用A寝台個室で、上野-札幌間を週3回程度往復してきた。3月の最終列車は下りが19日上野発、上りは20日札幌発で、切符は下りが2月19日、上りは2月20日に売り出されたが、いずれも発売直後に売り切れという「瞬間蒸発」的な人気ぶりだった。

「TRAIN SUITE 四季島」のつなぎとの見方も

   復活のニュースに対し、ネット上では「よかった」「乗りたい」などと歓迎する声もあった。一方、「これまでの廃止を巡る騒ぎはなんだったのか」「最初から復活させるつもりだったんだろ」「最終列車のありがたみがなくなる」「詐欺だ」「個人は乗れないのか」など、やっかんだコメントも少なくない。

   一方で、JR東は2017年春から北海道にも乗り入れる豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」の運行を予定している。カシオペアは「四季島デビューまでのつなぎではないか」との指摘もあり、四季島の北海道乗り入れが始まった後、JR東がカシオペアをどうするかも注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中