大阪人の自転車マナーは「全国最低」 ネットで有名な指摘が数字でも立証された

印刷

   自転車の信号無視などの危険行為で警察が摘発したケースは、大阪が全国でワースト1だったことが話題になっている。大阪は、事故の件数や死者数でもワースト1だが、なぜなのだろうか。

「歩行者並みに守られてるくせにドライバー以上に図々しい」「免許制すればいい」「罰金取れよ」
  • 環境整備の問題もあるが…(写真はイメージ)
    環境整備の問題もあるが…(写真はイメージ)

危険行為の摘発件数は、断トツで全国ワースト1に

   悪質な自転車運転者に安全講習を義務付ける改正道交法が2015年6月に施行され、警察が危険行為として12月末までに全国で摘発した件数が7924件にも及んだ。このことが16年3月7日に報じられると、ネット上では、厳しい指摘が相次いだ。

   特に、大阪府内の摘発が断トツのトップで、全国の3分の1ほども占めて2673件にも達した。次いで、東京が1907件だった。近畿地方は摘発が目立っており、大阪、京都、兵庫の3府県だけで半数を占めている。

   安全講習を受けたのは、全国でまだ7人だけだが、うち大阪が5人もいた。危険行為としては、ブレーキ不良が多かった。

   大阪は、自転車事故そのものも多く、15年は1万2222件で全国ワースト1になった。うち信号無視などが原因で死亡した人は50人で、これも全国で一番多い。

   ネット上では、以前から、大阪は自転車に乗る人が多く、マナーも悪いと指摘されていた。

   Q&Aサイト「教えて!goo」では、04年10月15日に「大阪の街って、実際には自転車が最優先?」という質問が投稿され、反響を呼んだ。

   この投稿者は、大阪の中心部を歩いたところ、傍若無人に振る舞う自転車に怖い思いをしたという。歩道にもかかわらず人間1人分の空間を自転車が高速ですり抜けようとして、間一髪で衝突事故が回避されたそうだ。

「マナーが特別に悪いという認識は持っていない」

   しかし、この投稿者によると、自転車運転者は、「こちらが悪いと言わんばかりに、睨みつけながら走り去って行きました」。ほかにも、警察官がいる目の前で、タバコを吸いながら自転車に乗ったり、ベルを鳴らして歩行者を追い散らしたりしている人も見かけたと書いていた。

   その後も、Q&Aサイトなどでは、マナーが悪いケースの報告が相次いでいる。最近では、大阪市営地下鉄・御堂筋線の西中島南方駅で、自転車のマナー違反に対し、「自転車乗入れ禁止」の貼り紙が改札口横に掲げられたケースがある。ツイッターで3月4日に通りがかった人から紹介された。

   大阪市交通局の総務課によると、15年夏前に改装工事で改札口付近の段差がなくなると、待ち合わせや見送りなどのため、改札前まで自転車を乗り入れる人が相次いだ。通行の妨げにもなるため、「駅構内なので困ります」と注意すると、「どこにも書いてへん!」と逆ギレされたため、8月中旬から貼り出しているという。それからは、乗り入れは減っているものの、なくなったわけではなく、その都度注意しているとしている。

   自転車のマナーが悪い人が多いかについて、大阪府の交通道路室では、J-CASTニュースの取材に対して次のように言う。

「信号無視はよく見かけますが、他府県でもあることで、大阪だけではないと思います。マナーが特別に悪いという認識は持っていません。警察の摘発が多いのは、重点的に取り締まりを行っているからだと聞いています」

   大阪は、全国でも自転車利用者が多いと言われる。この点については、「確かに、利用頻度は埼玉に次いで高いようですが、地形的に平坦な道が多く、鉄道が発達していて車の移動より便利なこともあるでしょう」と説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中