渡辺恒雄氏、「巨人」最高顧問辞任 野球賭博再発引責

印刷

   巨人は2016年3月8日、東京・大手町の読売新聞東京本社で記者会見を開き、高木京介投手(26)が野球賭博に関与していたと発表した。

   各紙報道によると、これを受けて渡辺恒雄最高顧問(89)、白石興二郎オーナー(69)、桃井恒和会長ら球団首脳が辞意を表明した。

  • 野球賭博で巨人が揺れている(画像はイメージ)
    野球賭博で巨人が揺れている(画像はイメージ)

球界のドンの辞任に驚きの声

   巨人は15年10月にも福田聡志投手(32)、笠原将生投手(25)、松本竜也投手(22)の3人が野球賭博に関与していたことが発覚している。

   「球界のドン」とも呼ばれ、プロ野球界に強い影響力を及ぼしてきた最高顧問 の辞任にネットで

「たいへんなことになってきた」
「ナベツネも遂に」
「何かが変わるかもね」

と驚きの声が上がっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中