芸能人はいま「笑顔」だけで「不謹慎」なのか SNS投稿が次々削除という異常な「震災反応」

印刷

   熊本県を中心とする大地震が起きて以降、芸能人のSNS投稿が波紋を呼ぶケースが目立っている。

   ファンとの気軽な交流を楽しめるSNSのはずが、大きな災害が起きると、たちまち「不謹慎」「不快」として批判にさらされる。こんな現象にネット上で議論が起き始めている。

  • 「不謹慎」かどうかを巡りコメント欄で議論(画像は菜々緒さんのインスタグラム/コメント欄は編集部で加工)
    「不謹慎」かどうかを巡りコメント欄で議論(画像は菜々緒さんのインスタグラム/コメント欄は編集部で加工)

西内まりや、「頑張ろう」投稿まで削除して謝罪

   女優の長澤まさみさん(28)は2016年4月14日22時50分ごろ、インスタグラムに女優のりょうさん(43)らと笑顔で写った写真を投稿。「りょうセンパイ!!!!本当かっこ良かったっス!!!!」と興奮気味につづった。

   だが、熊本で強い地震が起きたばかりとあり、コメント欄には「不謹慎」「タイミングが悪い、テレビを観よう」といった声がいくつも寄せられた。ほどなくして、長澤さんはコメントもつけずに写真を削除してしまった。

   福岡県出身のモデル、西内まりやさん(22)の投稿も問題視された。

   地震発生後、西内さんはツイッターで現地を気遣うツイートを繰り返し投稿。16日には、自身のアカウントに寄せられた被災地への応援メッセージをリツイートする企画をスタートした。合わせて、非常時に必要な物を一覧で紹介し、自撮り写真を添えて「頑張ろう。支え合おう」とエールを送った。

   これには好意的な声が数多く寄せられたが、一部からは「最後の自撮りいりますか?」「偽善者」との批判的な声もあった。すると、西内さんは先の投稿を削除し、

「今の状況で私が発する言葉、行動によって不快な気持ちにさせてしまっている方々ごめんなさい」

と謝罪。「私なりに、1人でも多くの方と共有したい。見守ってるよ。という気持ちで更新させてもらっています」と説明し、理解を求めた。

   ただネット上では2人の投稿内容について「別にいいのに」「何が悪いんだ?」という声も少なくなく、削除したことを疑問視する声も目立っている。

菜々緒セクシー写真ではファン論争が勃発

   モデルの菜々緒さん(27)の投稿をめぐっては、ファンらによる言い争いが勃発中だ。

   菜々緒さんは14日以降、インスタグラムにファッション誌用に撮影したという写真を複数枚投稿。17日には「下を見ている人は前を。前を見ている人は上を。上を見ている人は未来を」という文章とともに、ベッドに横たわるセクシーな写真を公開した。すると「不謹慎」「ズレてる」「自分の写真より義援金の振込先や必要物資の送り先を」といった批判が目立つようになった。

   しかし、こうしたネガティブな反応に対しては「反論する前に募金しにいこうぜ」「なぜ震災に結び付けて意見してるの?」「何もかも自粛して毎日悲しい顔して過ごしてなきゃいけないのか」といった反論も相次ぎ、本人不在のままコメント欄上で議論が続いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中