ジャニー喜多川氏「SMAP9月解散」完全否定 TOKIO国分も驚いた「超異例発言」

印刷

   解散騒動が勃発していたアイドルグループ「SMAP」について、所属するジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長がついに口を開き、解散を完全に否定した。

   事務所との契約更新を迎える2016年9月に再契約しないのではないか、という説も出ているが、ジャニー氏はこれも打ち消したという。

  • 「SMAP解散はない」とジャニー喜多川社長が明言した
    「SMAP解散はない」とジャニー喜多川社長が明言した

直接取材した記者「しゃべりはすごく熱かった」

   ジャニー氏のSMAP解散否定宣言は2016年5月5日朝、複数のスポーツ紙が報じた。それによると4日、別のジャニーズタレントの取材会に登場したジャニー氏が、記者に質問される前に自らSMAPの話題を切り出した。SMAPはわが子と同じだ、解散なんて冗談じゃない、出ていくわけがない――そういった言葉が次々に飛び出し、「(9月に契約更新しないことは)ない」とも断言したという。騒動が明るみに出て以来、事務所幹部からSMAPの去就に直結する発言が出たのは初めてだ。

   騒動勃発直後の1月に表立った発言をしなかった理由については、「入院中だったから」と明かした。ただ、メンバー5人がそろって謝罪した1月18日の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)生放送前には、5人と直接会って激励したという。

   ジャニー氏の発言の現場を直接取材した日刊スポーツ芸能デスクの竹村章氏は、5月5日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系)にVTR出演し、その時の様子を語った。

「服装はラフだったが、しゃべりはすごく熱かった。(解散騒動で)いろいろな声が届き、事務所も傷ついたと思う。ジャニー氏は『そうじゃないんだ』とファンに向けてメッセージを届けたかったのではないか」

   ジャニーズタレントの取材を長年務める芸能リポーターの山崎寛代さんは、同日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日系)で「9月に解散するのではないかというマイナスの報道が続く中で、ジャニー社長がしゃべることで、こうした報道を阻止しようとしたのだと思う」と、そのねらいを推察した。

   事務所社長であるジャニー氏の発言を受け、後輩らもコメントを発した。同日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)では、番組MCで事務所の後輩でもある「TOKIO」の国分太一さんが

「ジャニーさんの方から語気を強めて言ったことに驚いた。僕の知っているジャニーさんはそういう言葉をあまり使わないので、強い思いがあるのだろうと感じた」

と述べた。同じく事務所の後輩、「Hey!Say!JUMP」の伊野尾慧さんは同日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)にゲスト出演し、「SMAPは自分が物心つく前から活動していたグループ。(ジャニー氏自ら解散をはっきり否定したのは)安心しましたね」と、ほっとした表情を見せている。

記念すべき25周年はどうなる

   ただしインターネット上では、ジャニー氏の「解散完全否定」に懐疑的な見方も出た。一部の書き込みを見ると、

「肝心な時に出て来なかったんだから今更何を言ってもね」
「ジャニーにそんな権限あるなら何で今なの?」

など、納得しきれていない人がいるのも事実だ。

   また、今回の発言の約1週間前には、2016年4月27日発売の「週刊文春(5月5・12日合併号)」が「SMAP『9月危機』」と題した特集記事を掲載した。「年4回届いていたファンクラブ会報が半年以上来ていない」「デビュー25周年の節目の年だが、テレビの特番や記念イベントも未定」「56枚目のニューシングルは制作予定なし」と報じている。

   ただ、ジャニー氏は今回、25周年に向けてコンサートなどを盛大にやるべきだ、萎縮したり周りに遠慮したりする必要はない、と前向きな発言をしている。今後、実際にSMAPの周りでどういった動きが出てくるのか、注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中