「京都賞」受賞者を招きオックスフォード大でシンポ 欧州での知名度向上目指す

印刷

   稲盛財団と英オックスフォード大は2016年5月9日、科学や文明の発展などに貢献した人を表彰する「京都賞」受賞者を17年5月から毎年オックスフォード大に招いてシンポジウム「Kyoto Prize at Oxford」を行うと発表した。オックスフォード大の学生の学びの場を増やすとともに、欧州ではまだ低い京都賞の知名度向上を目指す。

  • 都内で京都賞受賞者によるイベント開催が発表発表された。写真左から3番目がオックスフォード大のルイーズ・リチャードソン総長
    都内で京都賞受賞者によるイベント開催が発表発表された。写真左から3番目がオックスフォード大のルイーズ・リチャードソン総長

京都賞受賞者はオックスフォード大の「価値を体現」

   稲盛財団は京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が1984年に設立し、翌85年から京都賞関連の事業を行っている。京都賞は毎年11月に発表されることで知られ、京大iPS細胞研究所の山中伸弥所長ら7人が京都賞受賞後にノーベル賞を受賞している。受賞者による講演会は日本国内と米西海岸で行われてきたが、新たに欧州でも開催する。欧州でのイベントは2日間にわたって行われ、講演会やパネルディスカッションを予定している。

   オックスフォード大のルイーズ・リチャードソン総長は都内で開かれた記者会見で、

「本学として持っている価値を体現してくれたロールモデル(見本)を学生たちに直接見せたいと思っている。京都賞は、単に功績のみに焦点を当てたものではない。同時にその人たちが持っている価値観を顕彰するもので、そこに本学と共鳴するものがある」

などとイベントへの期待を語った。本来は稲盛氏も会見に出席予定だったが、腰痛で新幹線での移動が困難だと判断されたため欠席。

「Kyoto Prize at Oxfordのイベントを通じて英国だけでなく、欧州各国の皆様にも京都賞への理解を深めていただきたい」

などとするメッセージを寄せた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中