増えるFX投資家、荒れる為替相場に翻弄 初心者におススメな自動売買「シストレ24」とは

印刷

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに輸出企業などの売買高を上回っていて、為替相場を動かすほどの影響力をもっているという。

   しかし、2016年に入ると、それまでの円安傾向が一変。円高相場が訪れ、展開の読みにくい状況が続いている。そんななか、FX取引をする個人投資家に新たなブームが来ているという。


円安が一変 FX個人投資家はどう動く?

news_20160223142235.jpg

   2015年度は、外国為替証拠金(FX)取引が活況だった。金融先物取引業協会によると、15年度のFX取引金額は5524兆3269億円にのぼり、初めて5000兆円を突破した。前年度から18%増え、4年連続で過去最高を更新した。

   FX取引は少額の元手を「レバレッジ」を効かせて、より大きな外貨を売買できるのが特徴で、各国の金利差や為替差益によって利益を得られる。かつては、2国間の金利差「スワップ金利」で収益を得る取引が人気を集めていたが、リーマン・ショック以降、世界的には低金利が広がり、いまやこうした取引の妙味はなくなりつつある。

   代わって、アベノミクスで「円安」への動きが鮮明になったことで、相場が読みやすくなった。2015年はそんな「円安傾向」の波に乗った投資家が儲かったようだ。

   ところが、16年度はその流れが変調を来し、16年5月3日の外国為替市場で円相場は一時1ドル105円台と約1年半ぶりの高値まで上昇。なにやら、為替相場が「荒れてきた」。相場が急変し個人投資家の取引は活発さを取り戻してきたが、先行きはまだ不透明感が漂っている。相場に翻弄される個人投資家たちはどう動いていくのだろうか。


痛い目を見る前にFX初心者こそ「自動売買」に注目


   個人投資家のFX取引が増えるなか、自動売買(システムトレード)を利用する投資初心者も増えているという。直近の口座数で9万口座を有し、国内口座数「NO.1」(※)を誇るシストレの最大手であるインヴァスト証券のマーケティング担当者は、「投資初心者の方も数多く入ってきている印象があります」と話す。

   まったくの初心者だけではなく円高に振れたことで、「負け」が込んでしまったFX投資家が、自分の判断で取引する裁量取引から自動売買にシフトする流れもあるようだ。シストレは、売買プログラムを選ぶだけであとは相場状況を常に気にするなどのストレスを感じず運用ができる点がポイント。裁量取引で「痛い目」にあった人がインヴァスト証券の「シストレ24」に救いを求めているかのようだ。

   前出のマーケティング担当者は、「裁量取引で着実に利益を得るには高い技術や知識が必要です。たとえ、経験が豊富であっても今のような相場で取引し続けるのはしんどいかもしれないですね」と語る。その点、シストレなら経験が少なくても取引をはじめやすく、取引でのストレスも大きく軽減できる。それが人気の理由だろう。

   さらに、「シストレ24」は、じつに6000種類以上ものストラテジーという売買プログラムが搭載されていて。その中から、自分好みのストラテジーを選ぶだけでFX投資ができるというのだ。


初心者でも選びやすい 独自システムが人気の「シストレ24」


   とはいえ、6000種類以上もストラテジーがあると、調子のいいストラテジーを選ぶのは難しそう、と思うかもしれない。しかし、「シストレ24」なら独自の取引ツールがあるので安心だ

news_20160525172521.png
「シストレ24」の独自の取引ツール「Myシストレ24」

   最大の特徴はなんといっても親しみやすい取引画面。ストラテジーの特徴が「アイコン」で並んでいるので初めてでも難解な印象がまったくない。一般的なFXのトレード画面には「チャート」や「通貨ペア」がひしめき、初心者にはほとんど馴染みのない言葉が並んでいる。その中から自分で取引条件を設定するなど、初心者にはハードルが高い操作が待っている。

   「シストレ24」は、上記の画面を見ていただければわかるとおり、アイコンを見れば調子がよさそう、連勝しているなど普通なら複雑なデータ分析をしなければわからないことが直感的にわかるのだ。自動売買は「ストラテジー選び」が肝なので、この機能は大きなアドバンテージになる。

   もう一つの特徴は、システムが日本人向けにつくられていること。自動売買は海外発祥のシステムが多く、外国のシステムをそのまま日本語訳したシステムは、使い勝手がイマイチなのだ。「シストレ24」は、インヴァスト証券が日本人ユーザー向けに独自に開発したシステムなので、「必要な運用資金」や「日本円での損益」、「リスクの度合い」などの必要な情報がひと目でわかるようカスタマイズされている。

   こういったきめ細やかなシステム設計やストラテジーの数の多さが、多くのユーザーからの支持を得ている理由。盛り上がりをみせている外国為替市場だが、FX投資の初心者でも、物怖じせずに、まずは「シストレ24」を試してみるのはいかがだろう。

news_20160525172631.jpg
※国内ミラートレーダー取扱業社中 口座数No.1  2015年10月1日トレーデンシー社調べ
【リスク・費用などについての重要事項】 本取引は、取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生ずるおそれがあります。また、スワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。当社は、必要証拠金率が一定水準以上となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。

●売買手数料は、新規注文・決済注文ともに無料です。

●投資助言報酬は、1k(1,000通貨)あたり片道1円(税込)となり、スプレッドに含まれます。

●本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。

●証拠金は、時価評価額の4%の額(円換算額)で、証拠金の25倍までのお取引が可能です。

●「シストレ24 Mirror Trader」(以下「本サービス」といいます)は、お客様がストラテジーを選択し、選択したストラテジーが設定したシグナルにしたがって自動売買を行う取引システムです。また、お客様の裁量により、手動売買を行うことも可能です。

その他の重要事項については、ホームページを必ずご確認ください。

インヴァスト証券株式会社

本社所在地: 東京都港区西新橋一丁目6番21号 NBF虎ノ門ビル

代表者  : 代表取締役社長 川路 猛

資本金  : 59億6,508万円

設立   : 昭和35(1960)年8月10日

事業内容 : 金融商品取引業

登録番号 : 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号

加入協会 :一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中