ピアニスト中村紘子さん死去 熊本地震にメッセージも

印刷

   国際的に活躍したピアニストの中村紘子(なかむら・ひろこ、本名・福田紘子=ふくだ・ひろこ)さんが2016年7月26日、大腸がんのため死去した。72歳だった。夫は芥川賞作家の庄司薫氏。

   さまざまなコンクールの審査員、審査委員長なども務めて後進の育成にも尽力。大宅ノンフィクション賞を受賞するなど文筆も達者で、テレビや雑誌などメディアにも数多く登場した。一ピアニストにとどまらない人気と知名度を誇った人だった。晩年はがんとの闘病生活が続き、再起を期していたが、かなわなかった。

  • 世界で活躍した中村紘子さん(画像は、中村紘子さんの公式HPのスクリーンショット)
    世界で活躍した中村紘子さん(画像は、中村紘子さんの公式HPのスクリーンショット)

天才少女として知られる

   1944年、疎開先の山梨県で生まれ、3歳からピアノを始め天才少女と評判になる。59年、慶應中等部3年在学中に「音楽コンクール」(現・日本音楽コンクール)で史上最年少の第1位特賞となり、早くも楽壇デビュー。翌年には、NHK交響楽団の世界一周演奏旅行のソリストに。63年から米国ジュリアード音楽院で学び、65年にショパン国際ピアノコンクールで第4位に入賞。日本人としては2人目の入賞で、世界的に注目されるようになった。

   その後もN響の海外公演や、国際的な音楽祭への出演など海外で活躍した。音楽評論家の中河原理氏は「朝日人物事典」で、「演奏はわかりやすく多くの人に親しまれ、魅力ある容貌ともども大衆的な人気を誇った」と評している。

   母親は著名な銀座の画廊「月光荘」経営に関わり、文化サロンを主宰。政界、経済界、文壇などに幅広い有名人のネットワークがあった。中村さんはその娘ということでも知られ、内外の著名人との交遊も深かった。

9月にはトーク&コンサート予定していた

   74年に作家の庄司薫氏(69年に『赤頭巾ちゃん気をつけて』で芥川賞)と結婚。才人同士のカップルとして話題になった。中村さんはエッセイなどにも才を見せ、著書『チャイコフスキー・コンクール』(88年)は、音楽家としては珍しく大宅ノンフィクション賞を受賞した。

   近年はがんとの闘病が続いたが、最後まで演奏活動への復帰に執念を見せた。オフィシャルサイトによると、9月24日には「中村紘子トーク&コンサート ~少女の頃の夢」が予定されていた。

   サイトの最後の更新となった6月14日には、「ご挨拶」と題し、熊本地震について、「発生から、早くも2ヵ月が経ちました。震災により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆さまに対しまして心よりお見舞い申し上げます」と、被災地の一日も早い復旧・復興を祈る文章が掲載され、そこでは、「私も、音楽を通して、被災地の皆さまへの一助となれるように、日々励んで参ります」とつづられていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中