柔道女子・近藤、日本勢五輪初のメダルも「自分が情けない」

印刷

   2016年8月6日、リオ五輪柔道女子48kg級3位決定戦が行われ、近藤亜美選手が勝ち、日本代表初となる「メダル」を獲得した。

   準決勝で15年の世界選手権で優勝したパウラ・パレト選手(アルゼンチン)に敗れ、決勝進出を逃した。3位決定戦ではウランツェツェグ・ムンフバット選手(モンゴル)と対戦、優勢勝ちして銅メダルとなった。

   試合後、近藤選手は自身のツイッターで、

「初めてのオリンピック
結果は悔しさが残るものになりました
一瞬だけ銅メダル取れてホッとした
そんな自分が情けないです
もっともっと努力して強くなります
沢山の応援本当にありがとうございました」

と、心境を語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中