笑えれば「いじめ」も「イジり」 河川敷事件めぐる松本人志「持論」に異論噴出

印刷

   お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが、2016年8月28日放送の情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で語った「いじめ」と「イジり」の線引きをめぐる持論に、インターネット上で異論が噴出している。

   イジりは「笑える」が、いじめは「面白くない」――。両者の違いについて、このように「笑い」を基準に語った松本さんに対し、番組の視聴者からは「いじめた側の言い訳に過ぎない」「イジられて嫌な思いしたらそれはいじめ」と批判が相次いだ。

  • 松本さんの持論に「いじめる側の言い訳に過ぎない」の異論噴出
    松本さんの持論に「いじめる側の言い訳に過ぎない」の異論噴出

「イジり」が子供の「いじめ」を助長するとの指摘に...

   番組では、埼玉県東松山市の河川敷で井上翼さん(16)の遺体が見つかり、知人の少年ら5人が殺人容疑で逮捕された事件を取り上げた。井上さんは少年たちに暴行された後、溺れさせられたとされる。

   逮捕された少年のうち何人かは、1週間ほど前から井上さんへ繰り返し暴行を加えていたと報じられている。見つかった遺体には、腕に火のついたタバコを押し付けられたようなヤケドの跡もあったという。

   こうした事件をめぐり、番組では事件と「いじめ」を関連付けた議論が展開されることになった。その中で、コメンテーターとして出演していたタレントの宮澤エマさんが「いじめ」と「イジり」の線引きについて、松本さんに意見を求める場面があった。

   宮澤さんは、バラエティー番組などで行われる「イジり」が、子供の「いじめ」を助長するとの指摘が出ている件について、松本さんに「芸人として、(番組の中で他人をイジることについての)ポリシーはあるか」という質問をぶつけた。

   この質問に対し、松本さんは、

「やっぱりそこは笑えるかどうか。でも笑いって、『好み』っていうところで結局片付けられてしまうことが多いから、すごく悲しいんですけど」

といった持論を展開。その上で、今回の事件については

「絶対に面白くないよね、これ。誰が見たって。そこなんですけどねえ」

と語気を強めていた。

テレビ的にはイジりでも、はたから見たらいじめ

   こうした松本さんの発言について、番組の視聴者からは「笑えるかどうか基準だといじめる側の言い訳に過ぎない」といった異論がネット上に次々と寄せられることになった。ツイッターなどには、

「イジられて嫌な思いしたらそれはいじめっていう発想に気づかないんだね・・・」
「面白ければ?誰が?やった方?やられた方、周りの視聴者?」
「テレビ的にはいじりでも、はたから見たら虐めでしかない」
「埼玉の事件も加害者は面白いと思ってやってたんじゃないのか」

といった批判が殺到。そのほか、「いじられる方はお金もらって仕事してるから嫌じゃないんであって、お金につながらないいじりは嫌だろ」と指摘する投稿も数多く出ていた。

   また、松本さんは番組の中で、自身が企画構成を担当している冠番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)を引き合いに、「イジり」が一方的なものにならないように制作側も「配慮」を加えていることを明かしていた。

   その一例として、相方の浜田雅功さんの番組内での扱いについて、

「確かに浜田は『いじめっこ』みたいなキャラがあるけれど、だからこそアイツがいじめられる回も必ずある。そういうところで、バランスは一応取ってるつもりなんですけどねえ」

との裏話を披露していた。だが、この発言の中で松本さんが「いじめ」という表現を使ったことについて、「テレビでいじめてるって認めてしもてるやんか」「いじめって自分で言ってるけど」とのツッコミもネット上には複数出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中