小林麻央、がん告知時の動揺明かす 鳴り続ける着信音「急に泣きそうに」

印刷

   乳がんを患い闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さんが2016年9月23日正午前にブログを更新し、生検結果を聞いた時の心境を振り返った。

   告知中に家族から何度も着信が入り、「急に泣きそうに」なったという。

  • 小林麻央さん
    小林麻央さん
  • ブログでは、がん告知までの経緯などを振り返っている(写真は公式ブログ「KOKORO.」のスクリーンショット)
    ブログでは、がん告知までの経緯などを振り返っている(写真は公式ブログ「KOKORO.」のスクリーンショット)

海老蔵からの着信「半端ない」

   これまでのブログによると、麻央さんは2014年10月に自己チェックで左乳房にしこりを発見し、すぐに生検を受けた。結果の告知は10日後だったが、医師からは検査時点で「95%、癌です」と言われたという。

   告知日当日については「心の準備は意外とできており、冷静に先生のお話を伺った」と振り返っていたが、23日のブログでは、当初の「冷静」な気持ちに変化があったことを明かした。

   きっかけは心配して結果報告を待っている家族からの電話だったようで、特に夫である市川海老蔵さんからの着信回数は「半端ない」ものだったという。

「まだ、告知中だよ?冷静に先生の話を聞いていたのに、かばんの中で鳴り続ける携帯のバイブレーションに、急に泣きそうになる。家族は悲しむだろうな。。。ごめんね。病気になっちゃった妻で。病気になっちゃった娘で。病気になっちゃった妹で。」

と、当時の心境を振り返り、

「きっと、病気になって、皆が一番に思う言葉かもしれない。『ごめんなさい。。。』」

ともつづった。

   麻央さんは20日のブログで、左乳房だけでなく、脇下リンパ節、骨、肺などにもがんが転移したことを明かしている。

   さらに22日には「夫の助言にもっと耳を傾ければよかった」などと後悔をにじませたブログを公開。これには2000件近いコメントが寄せられており(23日12時時点)、ほとんどが麻央さんを励ます温かなメッセージとなっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中