フジの古舘番組に6歳女児がショック 「なんで嘘を」「放送見て泣き崩れた」

印刷

   「最年少アイドル」という肩書で、幼稚園に通いながらアイドルとして活動する女の子「あいちゃん6さい」。そんな彼女の活動を取り上げたバラエティー番組「フルタチさん」(フジテレビ系)の放送内容が、インターネット上で物議を醸している。

   そのきっかけは、番組を見た「あいちゃん」の反応を、所属事務所の大隈秀徳代表がツイッターで明かしたことだった。大隈代表によれば、あいちゃんは番組の内容に強いショックを受けて号泣し、放送後に幼稚園を2日間「お休み」したのだという。

  • 「最年少アイドル」として話題の「あいちゃん6さい」
    「最年少アイドル」として話題の「あいちゃん6さい」

「放送をドキドキワクワクで観ていたあいちゃんが...」

   2017年1月15日放送の「フルタチさん」では、「6歳のアイドルが大人に大人気の理由とは?」と題した特集を放送した。そこで紹介されたのが、4歳でアイドル活動をスタートさせたあいちゃんだった。

   番組では、あいちゃんのコンサート当日の様子を密着。ステージの上で童謡やアニメソングを歌ったり、ファンとの写真撮影やサイン会を行ったりする様子を伝えた。また、番組スタッフがファンに「なぜ6歳のアイドルを応援するのか」を質問する場面もあり、そこでは、

「恋愛スキャンダルがないため、絶対に裏切られることがない」
    「親目線で応援できる」

といった意見も紹介されていた。

   こうした番組に対し、翌16日のツイッターで「放送された内容に誤りがあったようです」と訴えたのが、あいちゃんが所属する芸能事務所レインボーミュージックプロダクションの大隈代表だ。ツイートでは、

「放送をドキドキワクワクで観ていたあいちゃんが後半でショックを受けて号泣してしまいました」

と報告。その上で、番組を見ていたあいちゃんは、涙を流しながら「なんで?...嘘を言うの?」と漏らしたとも説明していた。

   さらに、大隈代表の投稿によれば、あいちゃんは放送翌日の朝も涙が止まらず、心配した母親が幼稚園を「お休み」させたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中