北陸新幹線、初の死亡事故はナゾだらけ どこから、誰が、何のために?

印刷

   2年前に開業した北陸新幹線で初めての死亡事故が起こり、ツイッターなどで当時の状況が話題になっている。

 

   「線路に入れるとこあるっけ?」「高架しかないのにどういうことなんや...」。2017年3月5日22時20分ごろ、長野県上田市小牧の北陸新幹線で人身事故が起きると、ツイッターなどでは、乗客らから困惑の声が上がった。

  • どこから何のために線路内へ(写真は、2015年2月撮影)
    どこから何のために線路内へ(写真は、2015年2月撮影)

「撮り鉄」の間ではよく知られた場所

 

   報道によると、東京発金沢行きの「かがやき519号」が佐久平―上田駅間を走行中に運転士が異音を感知し、停止して車両点検などを行った。線路内に立ち入った人がおり、はねられた人は死亡した。

 

   この事故で、北陸新幹線は、最大で4時間も運転を見合わせ、上り1本、下り3本が遅れて、約1100人に影響が出た。下り線の運転再開は、翌6日未明の2時20分になり、金沢駅の到着は4時20分ごろになった。

 

   車内では、JRから軽食の配布があったというが、「この時間に新幹線の人身事故は勘弁してほしい」「目的地についても困る人が多そう」といった声が漏れていた。

 

   ツイッターなどによると、人が線路に立ち入ったのは、千曲川に架かる通称「上田ハープ橋」と呼ばれる北陸新幹線の橋ではないかという。その上を市道の橋が交差するように架かっており、市道のフェンスを乗り越えて飛び降りたとの憶測も出回っている。

 

   ここは、新幹線のいい写真が撮れることで、「撮り鉄」の間ではよく知られた場所だそうだ。「ハープ橋から飛びおりてかがやきに吹き飛ばされたらしいな...」などとうわさになっていた。

橋の上から飛び降り?ホームから線路に降りた?

 

   JR東日本の広報部は、J-CASTニュースの3月6日の取材に対し、線路内に立ち入った人は、千曲川付近の高架のところにいたと説明する。

 

   可能性としては、上田ハープ橋の上から飛び降りたか、上田駅のホームから線路に降りて歩いたかなどが考えられるとした。駅からは2キロほどで、歩いても行ける距離だ。駅にはホームドアが設置されているが、あくまでも転落防止のためで、乗り越えることはできるという。深夜の線路立ち入りで、目撃情報は聞いていないとしている。

 

   長野県警上田署では、線路に立ち入った人がどこから入ったかはまだ分かっておらず、捜査中だとJ-CASTニュースの取材に答えた。遺書などは見つかっておらず、何のために入ったかも捜査中だとし、自殺や事件・事故の両面から調べている。遺体の損傷は激しく、性別や年齢も不明で、身元も分かっていないとしている。

 

   JR東日本の管内では、今回で新幹線における16年度の人身事故は4件目になる。うち16年5月7日夜に東北新幹線で起きた人身事故は、岩手県内の高架のところで起きていた。報道によると、このときは、駅のホームに死亡した40代男性のカバンが置いてあったことから、歩いて行った可能性があるようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中