SMAP中居が手をつねっていた理由 「隠された本心」を心理学者が分析

印刷

   解散騒ぎで揺れたSMAPが2016年1月18日、5人そろってフジテレビ系「SMAP×SMAP(スマスマ)」に生出演、謝罪の言葉を述べたが、グループリーダーの中居正広さん(43)が端っこに追いやられたばかりが、心の葛藤を抑えるかのように自分の左手で右手をつねったりするしぐさがインターネット上で話題になった。

   中居さんのこうした動作には、どんな気持ちが潜んでいたのか。心理学の専門家が分析した。

  • 会見では4番目に挨拶をした中居さん
    会見では4番目に挨拶をした中居さん

「顔はウソをつきますが、手はウソをつけません」

   中居さんは、会見の4番目で挨拶をしたが、自分の番が近づくにつれ、指先が震えるように見え、左手で右手を押さえた。そしてギュッと左手で右手をつねったまま、こう謝って頭を下げた。

「本当に申し訳ありませんでした」

   その後もメンバーの中で、ただひとり最後まで両手を固く握ったままだった。

   ネット上ではこんな声が相次いだ。

「中居君、きっと何かに耐えている気がするな~。うつにでもなっちゃいそう」
「中居君が、やつれた手をつねっているよ。どうした!『SMAPリーダー中居』」
「居合切りの手を抑えるため、左手が上で敵意はないことを示しますよね。中居君なら(剣のこと)知っていると思います」

   この手のしぐさに、中居さんはどんな感情をこめていたのだろう。「『しぐさ』を見れば心の9割がわかる」など多くの心理学の著作がある渋谷昌三・目白大学教授に聞いた。

「顔はウソをつきますが、手はウソをつけません。中居君は、『スミマセンでした』と頭を下げましたが、不本意だったのは明らか。心の中では謝ってはいませんね」

   中居さんが自分の喋る番が近づくにつれ、左手を右手に置いて手を握り合ったのは、これから「ウソの謝罪」をしなくてはならないという動揺で手が震えていた可能性がある。

   人の顔には計37の表情筋があり、慣れればどんな表情でも作ることができる。中居さんほど演技が達者な人なら謝罪の表情など朝飯前だ。ところが、指先はごまかせない。心理学者は相手の話が本当かどうか、突きとめたい時は表情を見ないで顔から下、特に手先を見るという。

   ダグラス・グラマン事件の時に、贈賄側の日商岩井副社長・海部八郎氏が証人喚問で国会に呼ばれたが、宣誓書に署名する時に手がブルブル震えて書くことができなかった。ウソをつくと動揺の気持ちが指先に表れるのだという。

   だから、話す時に手をポケットの中に入れたり、後ろ手に組んだりして隠す相手には注意した方がいいという。

地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中