「夏太り」解消するなら今しかない 「骨盤ダイエット」で健康ボディーに

印刷

   「夏バテでやせると思っていたのに、逆に太ってしまった」。そんな人はいないだろうか。猛暑でビールが進み、スタミナをつけようと脂っこい料理をパクパク、でも暑くて運動する気にならない。こうなると、夏でも体重が増える「夏太り」になってしまう。

   秋になれば洋服が体型を隠してくれる、と油断するなかれ。肥満はあなたの体に百害あって一利なし。今すぐにダイエットに取り組んでみては?

  • 秋に向けて「骨盤ダイエット」を試してみては
    秋に向けて「骨盤ダイエット」を試してみては

骨盤周りの筋肉を徹底的にケア

   世界保健機関(WHO)の専門機関「国際がん研究機関」(IARC)によると、肥満により13種類のがんのリスクが高まるという。また、40歳の時点で肥満の人はやせている人に比べて、脳の老化が10年も進むという英ケンブリッジ大学の研究もある。肥満の放置は命にかかわる重大事だ。

   「そういえば、最近お腹周りの脂肪が気になる」「全然運動していない。ダイエットしなきゃ」。こう思っても、なかなか重い腰が上がらない。または「ダイエットしているのに、一向に効果が出ない」と悩んでいる人も多いだろう。

   健康的にやせやすい体を目指す人のためにスリムビューティハウスが提供するのが、「骨盤ダイエットBeauty」だ。東洋美容の理論に基づき、「やせにくい体」の根本原因である骨盤周りの筋肉を徹底的にケアする。

   「骨盤ダイエットBeauty」の施術には、3つの特徴がある。1つ目は、医療機器メーカーが開発した装置「Mキューブウェーブ」を使って骨盤周りの筋肉を鍛える点だ。吸盤部分から低周波の刺激を与えて筋肉を引き締め、リンパの流れをケアすると同時に、脂肪燃焼も目指す。

   2つ目は、真空状態にしたカップを体に当てて体内の老廃物を吸いだす「カッピング」。これは東洋の伝統療法で、最近ではリオデジャネイロ五輪の競泳男子で5つの金メダルを手にした米国のマイケル・フェルプス選手が、肩にカッピングの跡をつけたまま素晴らしい泳ぎを見せて話題になった。フェルプス選手はこれで肩の痛みを抑えたが、カッピングには滞った血の流れをケアし、体のコリをほぐす効果がある。

自力でケア難しい腹部、ヒップ、脚をトリートメント

   腹部やヒップ、脚といった自分ではケアが難しい部分の凝り固まった脂肪を、プロの手で揉みだす。これが3つ目の特徴だ。ひとりひとりの悩みに沿った丁寧な「トリートメント」がポイントで、体が温まり、脂肪が燃えやすい体になるよう徹底的にケアする。

   スリムビューティハウスでは、この3つの要素を取り入れた「骨盤ダイエットBeauty」70分体験コースを税込500円で提供している。施術の体験終了後は採寸を行い、施術前と比較して体の変化が分かるという。詳細は、下記バナーから確認できる。体にとっても害になる余分な脂肪とサヨナラし、秋にはスリムな健康ボディーを取り戻すために一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。

骨盤ダイエット

〔企画編集:J-CASTヘルスケア編集部〕

地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中