トイレ掃除でアレルギーになるってホント?

印刷

   「ハハ、ハックション!」。家のトイレに長く入っていると、くしゃみや鼻水が出ることがないだろうか。それ、アレルギー症状かもしれない。

   実は、トイレの中には恐ろしいモノが潜んでいる。トイレを清潔にしているはずのトイレ掃除ブラシが細菌の巣窟となり、水滴とともに菌をトイレ中にまき散らしている。アナタは知らないうちに数億個の細菌を吸い込んでいる。

  • 雑な掃除だと、家にも体にも悪い(イラスト・サカタルージ)
    雑な掃除だと、家にも体にも悪い(イラスト・サカタルージ)

掃除ブラシの細菌は「下水並みの汚染レベル」

   2005年11月5日、日本防菌防黴学会で北里環境科学センター微生物部の研究チームが、「トイレの衛生環境」をテーマに衝撃的な報告を発表した。それによると、研究チームは一般家庭で使われている収納ケース付きのトイレ掃除ブラシの衛生状態を調査した。10世帯が使用した11本のブラシと、収納ケース8個を専用の液体で洗い、細菌とカビを分離して培養した。

   その結果、掃除ブラシには1本あたり72万~8億4000万個の細菌と、7万2000~330万個のカビが付着していた。収納ケースからも平均数千万個の細菌とカビが検出された。細菌の中には大腸菌も含まれ、カビの中からはアレルギーの原因になる代表的な2種類が検出された。研究チームによると、これだけの数の細菌・カビの状態は「汚い川か下水並みの汚染レベル」という。

   また、トイレ掃除の後にブラシをトイレの縁などにトントンとたたき、水切りをする人が多いが、その際に水が飛び散り、菌やカビが周辺のマットやタオル、壁などに付着することもわかった。菌やカビがマットやタオルなどで増殖して体内に入ると、アレルギーを引き起こす恐れがある。水切りがトイレの周辺1メートル四方を危険な空間にしているという。

   同センター微生物部の奥田舜治部長は、報告の中で、「ブラシを日光消毒して十分に乾燥させるか、使い捨てブラシを使って欲しい」と呼びかけた。

地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中