MBAなんて要らない?ハーバードが教えてくれなかった「3つのこと」

印刷

   僕と出口(治明)が二人で立ち上げたライフネット生命は5月18日、開業1周年を迎えました。思い起こせば、苦労と新しい発見の連続でした。ハーバードでMBAを取得して意気揚々と帰国した僕でしたが、リアルビジネスについては知らないことばかりだということを思い知らされたものです。「ハーバードMBAが教えてくれなかったこと」はたくさんありました。そのなかで特に心に刻まれた「3つの教訓」についてまとめてみたいと思います。

>>大切なことは意外とシンプル・記事一覧

1.重要なのは、戦略や戦術の答えを見つけることではない。どれだけ戦略通りに人に動いてもらえるかで勝負が決まる

   立ち上げ準備をはじめてから実際に開業するまでの約2年間、ライフネットが成長するための戦略を必死に考えました。その結果、開業時点では、自分なりに納得がいくプランを描くことができました。

   しかし、いざ営業をスタートしてみると、同僚たちはなかなか自分が思うように動いてくれません。最初は「何で分かってくれないのだろう…」と悩んだものですが、ある日、ふと気がつきました。自分が2年間ずっと考え続けてきたことについて、その背景や狙い、意味合いを伝えるために使った時間は、わずか数時間に過ぎなかったのです。

   僕が好きな言葉に、次のようなものがあります。

「こちらが言ったつもりでも、相手に聞いてもらえたわけではない。相手に聞いてもらえても、聴いてもらえたわけではない。聴いてもらえても、理解してもらえたわけではない。理解してもらえても、賛成してもらえたわけではない。相手が賛成していても、納得して動いてもらえるわけではない」

   MBAで学んでいた頃は、ビジネスは「答え」を見つけることが難しく、そこで勝負が決まるものだと思っていました。しかし実際には、正しい答えが見つかったとしても、それを大勢の人間に納得して実行してもらうためにまた遠い道のりがあり、その実行の方がずっと多くの時間と労力が必要となるのです。

   仮に100点満点の答えを見つけることができても、その1割しか実行できなかったら10点にしかならない。他方で、20点の答えであっても、一丸となってその10割を実行できれば、2倍の20点の結果が出せるわけです。

岩瀬大輔(いわせ・だいすけ)
ライフネット生命保険・代表取締役副社長。1976年生まれ。幼少期をイギリスで過ごしたのち、開成高校を経て、東京大学法学部卒業。在学中に司法試験合格。ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ホールディングスを経て、ハーバード経営大学院(HBS)に留学。日本人で4人目となる上位5%の優秀な成績(ベイカー・スカラー)を修めた。帰国後、元日本生命の出口治明氏と二人三脚で、今までの常識を打ち破る新しい生保会社「ライフネット生命保険」を立ち上げ、2008年5月に営業を開始した。近著に『東大×ハーバードの岩瀬式!加速勉強法 』(大和書房)、『超凡思考』( 幻冬舎、伊藤真氏との共著)。
「生活者にとって便利でわかりやすく、高品質な生命保険サービスを提供する」という理念のもと、インターネットを主要チャネルとして、新しい生命保険を販売している。既存の保険会社に頼らない「独立系の生命保険会社」として戦後初めて免許を取得し、2008年5月に営業を開始。業界のタブーとされた「保険料の原価」を開示するなど新しい試みに挑戦している。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中