副都心を見渡す絶好の眺望 東京オペラシティに「社員食堂」があった

印刷

   コンサートホール、アートギャラリーなど芸術系のスペースで知られる、東京・西新宿の東京オペラシティ。54階建ての高層ビルには、実は多くの会社がオフィスを構えており、アップルやP&G、日本ケロッグなどの社員およそ1万人が働いている。

   ビル内には普通の飲食店もあるが、オフィスで働く人が利用できる「社員食堂」があり、1日に1500人程度がランチを食べているという。一般の利用者も食事ができると聞き、男性味見役の20代会社員Aさんとともに訪れてみた。

700円台で和洋中から選べるカフェテリア方式

ボリュームたっぷりの「煮豚と野菜の白湯煮」
ボリュームたっぷりの「煮豚と野菜の白湯煮」

   18階の社員食堂は、セルフサービスのカフェテリア。和食の「百跳」、洋食の「Green's cafe」、中華の「上海キッチン」、カレーやおかゆなどの「イーストキャラバン」の 4つの店舗が入っている。その日の気分で和洋中から選べる、といった感じだ。

   私たちは「百跳」の和食を試してみることにした。カウンターで食事のトレイを受け取ったら、レジで現金精算。メニューはどれも700円台と手頃なのがうれしい。サラダや小鉢など120円程度のオプションメニューも追加できる。

   私が選んだ「煮豚と野菜の白湯煮」は、人参と大根のやさしい味わいがおいしい。豚肉といっしょに煮込んでいるので、汁にほどよいコクがあり、つい最後まで飲んでしまった。

   Aさんの「鮭のちゃんちゃん焼き」にも、ブロッコリーなどの野菜がたっぷり入っていて、春らしい色合いがきれいだ。定食メニューについている小鉢は、キャベツと小松菜がメインのゆで野菜。青山勤務で一人暮らしのAさんは、

「僕の会社にはこういった食堂がないし、会社の周りの店のランチは平均単価が1000円。700円で毎日色んなメニューを選べて、しかも野菜がもりもり摂れるって本当にうらやましいなぁ」

と満喫した様子だった。

   入店した午後1時すぎでも、およそ110の座席はほとんど埋まっており、人気のほどがうかがえる。副都心を見渡せるすばらしい眺望も魅力だ。新宿高層ビル群に代々木公園、さらには東京タワーや六本木ヒルズも見える。晴れた日には富士山も拝める。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中