2015年の給料「増える」派VS「変わらない」派 圧勝したのは・・・

印刷

   2015年の給料が14年と「変わらない」とみている人が少なくないことが、日本生命保険が実施したインターネットアンケート(調査期間2014年12月1日~23日、回答者数1万5049人)でわかった。15年1月8日にまとめた。「2015年の給料は増えると思いますか?」の問いに、「給料は前年(14年)と変わらないと思う」と回答した人が61.7%だった。14年に「(13年と)変わらない」と答えた人は62.8%で、政府は2年連続の賃上げを強く求めているが、働く側には慎重な見方が根強いことがうかがえる。

   「2015年の給料が増える」と答えた人は15.6%で、14年の16.4%よりも低い結果となった。2015年のほうが「減る」と回答した人は22.7%だった。

   ニッセイ基礎研究所のチーフエコノミスト、矢嶋康次氏は「給料に対する見方は14年と同様に、慎重な見方に変わりありません。名目賃金から物価上昇分を割り引いた実質賃金がプラスになるかは、今後の景気を左右するだけに物価と賃金の動きには注目でしょう」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中